産後2週間を経る前後からマタニティブルーの症状に悩み始める女性が出てきます。
マタニティブルーで辛い気持ちを抱えることになる女性が多いのは何故でしょうか。

このマタニティブルーの症状は、産前と産後で女性自身の体に大きな変化があることも影響している可能性がゼロとは言えません。

産後の体の中で起こる変化

10ヶ月もの間、自らの体内で赤ん坊を育んできた女性の子宮は、ちょっとずつ元の大きさに戻ろうとし始めている時期です。

また、産後の初月経が無事にあるように、女性ホルモンの分泌サイクルも元に戻ろうとしている頃なのです。
自分が気がつかないところで生じる産後の体内での変容が、心の動きにもマタニティブルーの形で表れるのかもしれませんね。
マタニティブルーで辛い気持ちを抱えることになる女性が多いのは、出産を境にして女性自身の体内での変容が影響しているのではないでしょうか。

無理をせず休養しよう

だからこそ、マタニティブルーの時期でもある産後しばらくの間は、あまり無理をしないで心身共に労ることが大切なのではないでしょうか。

産後の赤ん坊と共に過ごす新生活は、今までの生活スタイルとは違ってきます。
体も心も新スタイルになれるまでは、知らないうちに疲労がたまっていることも考えられますね。
特にマタニティブルーの時期は、新生活が始まって2週間前後から起こりやすく、気づかないほど疲れもピークに達している頃でもあります。

ですから、産後のマタニティブルーの時期は、無理をしないことが一番の特効薬ではないでしょうか。
自分を叱咤して頑張るよりもまず、産後の自分の心と体を労って休養する時間を確保することが大切です。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。