妊娠が発覚したのが、妊娠8週の時。

それまで、大好きで毎日のように飲んでいたお酒をぴたりとやめました。
そして、インスタントラーメンやハンバーガーなど、1週間に3~5回はお世話になっていたのですが、1か月に1回までと自分で決めました。

さいわい、つわりの症状が全くなく、食べ物は、今までよりは、野菜を多めにとるように心がけました。妊娠前は、野菜が苦手で、ほとんど野菜をとっていなかったので。

野菜ジュースも野菜がうまく取れていないなと思った日はプラスアルファで飲みました。また、病院からすすめられた、鉄分や葉酸のサプリを毎日、飲み始めました。

務めていた会社には、発覚した時点で、すぐに伝えました。変わりがいない仕事なので、遅く言えばいうほど、会社に迷惑がかかると思ったからです。

そのおかげで、私の産休前には、会社も新しい人を採用でき、しっかり引き継ぎも研修も自分で伝えることができたのでよかったです。

会社では、少しずつ仕事量を減らしてもらいながら、妊娠8か月の最後まで働き、産休に入りました。
赤ちゃんの準備は妊娠6か月ごろから少しずつ始めました。初産なので、何が必要なのかは、雑誌やインターネットで検索して必要なものを買っていきました。

両親学級にも夫婦で参加し、主人にとってもいい機会となりました。
たとえば、ベッドやベビーカー、おむつや洋服、哺乳瓶やミルクなどです。8か月後半あたりから、天気のいい日に、赤ちゃんの服や身に着けるものは、水通しを始めました。
一応、赤ちゃん用洗剤で洗いました。

産休に入ってからは、赤ちゃんが生まれてきた後に何をするのかを雑誌やインターネットで勉強して、紙にまとめたり、冷凍できる野菜は小分けに冷凍したり、万全の態勢で出産に臨めるように準備しました。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。