安産のために頑張ったことは、身体が元々とても硬いので毎日ストレッチをして身体を柔らかくしたことです。

身体を冷やすと難産になりやすいと耳にしたことがあるので、身体を冷やさない様にも気を付けました。また、通っていたマタニティクリニックでベリーダンスやマタニティヨガのスクールを実施していたので、体験しました。自宅でも簡単に行える内容だったので毎日のストレッチに加えて行いました。
                                                  主人の休みに合わせて予定日より1週間以上早く出産したかったので、37周を過ぎてからはマタニティスクールで教えてもらった「船漕ぎ」という運動を毎日60回以上を目安に行いました。出産時期を早める効果があるとのことで、36週以前の妊婦は禁止されているほどです。開始して数日で子宮口が開きました。

赤ちゃんのために準備したものは、新生児服・肌着一式、ベビー布団、ベビーバス・ソープ、ガーゼハンカチ、哺乳瓶、煮沸消毒(レンジで使用するタイプ)を用意しました。また、部屋を綺麗に掃除・片づけし、レイコップを購入しました。

妊娠初期に切迫早産になり、重いものを持てなかったり、遠出もできなくなってしまいました。大好きな温泉も早くから入れなくなってしまい、我慢することが多かったように思います。また、職場の人に気を遣わせてしまい、自身もとても気を遣いました。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。