妊娠6ヶ月を過ぎると、途端に腰痛に悩まされる妊婦さんが増えます。
妊娠6ヶ月くらいからおなかが大きく重くなるため、腰に負担がかかって腰痛が起こるケースが多いのですが、まだたいしておなかが大きくなくても腰が痛くなることはあります。

なぜこのように妊娠6か月位から腰痛が起きるのか、原因と対策を見ていきましょう。

妊娠6ヶ月くらいからの腰痛…その原因は?

妊娠6ヶ月程度から起きる腰痛には二つ原因があります。
一つは大きくなってきたおなかの重みに抗ってバランスをとるため、どうしても後ろに反り返る姿勢になり、腰に負担がかかるということ。

あともう一つは、妊娠6か月位から腰痛を引き起こすようなホルモンが大量に分泌されるということです。

妊娠すると出産に向けて骨盤を開いていくために、骨盤周りの靭帯を緩ませる「リラキシン」というホルモン分泌があるのですが、これが妊娠中期位からだんだんと増えていくのです。
このせいで、たくさんの妊婦さんが妊娠6か月位から腰痛を感じるようになってしまうのです。

妊娠6ヶ月からの腰痛…どうすれば緩和できる?

妊娠6ヶ月位からの腰痛の原因がわかったら、それに対処していきましょう。
反り返りの姿勢で腰痛が引き起こされているのなら、反り返りを防ぐために腹帯をしたりおなかを支えるガードルを履いたりして、おなかの重みを腰以外にも分散させてあげましょう。

そうすれば、反り返りの姿勢にならずともバランスをとることができますから、腰痛を防ぐことができます。

ホルモンバランスで骨盤が緩むことが原因なら、ストレッチや入浴などで腰回りの筋肉の疲労を緩和させてあげると、かなり痛みが軽減します。
マタニティヨガやマタニティスイミングなどの適度な運動も、腰痛緩和に効果がありますよ。

まとめ

妊娠6か月程度になると、多くの妊婦さんが腰痛に悩まされることになります。
でも適切に対処していけば、ずいぶん痛みは軽減されますよ。
どうしても辛い時は適度に休憩し、赤ちゃんのためにも無理しないようにしましょうね。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。