妊娠中期位に入ったら、徐々に入院準備も始めていきましょう。
でも初めての妊娠だと、入院準備にどんな持ち物を用意すればいいか見当が付きませんよね。

最低限必要なものは、病院からリストでもらえると思いますのでご安心ください。
それを見て、忘れ物のないように妊娠中にしっかり入院準備しておきましょう。

【入院生活に必ず必要な物】

・産褥ショーツ
肌着は他人に買ってきてもらいにくい…という方も多いので、妊娠安定期あたりに自分で入院準備しておきましょう。
産褥ショーツは産後必ず必要になるものですが、産院でもらえる場合もあります。産院に確認しておきましょう。

・授乳用ブラジャー

授乳用ブラジャーは妊娠中から使えるものがほとんどです。
入院準備に限らず、妊娠後期に乳腺が発達して普通のブラジャーがきつくなってきたら、授乳用に取り替えて使いましょう。

・退院時のベビー肌着,ベビー服

短肌着1枚、ベビーウェア1枚を準備してください。
寒い季節には、これに靴下やベストなどをプラスするといいですよ。

退院後1か月くらいは新生児サイズで大丈夫ですから、退院後のことも考えて、肌着や服を数枚ずつ購入しておきましょうね。
退院の時はおくるみやバスタオルもあると安心です。持参することをおすすめします。

ガーゼ

赤ちゃんのお世話で何枚も使います。
妊娠中に好みの色柄のものを選んで、10枚は入院準備しておきましょう。

母乳パッド

産院では用意してくれないことがほとんどです。1パック持っていきましょう。

【入院生活にあると便利なもの】

・リフォームインナー
骨盤ベルトやウエストニッパーなどを持参して、入院中からリフォームを始めましょう。
そのほうが早く体形が戻りますよ。

・着圧ソックス
産後は足がむくみますから、着圧ソックスがあれば快適です。

・ガウンや長めのカーディガン
産後はホルモンバランスの関係か、寒く感じたり暑く感じたり、体温調節がうまくいかないものです。
病院の空調が寒すぎる場合もありますから、真夏の出産でもはおりものを持参することをオススメします。

・雑誌
産後の入院は暇な時間も多く、マタニティやベビー向けの雑誌をゆっくり読めるチャンスでもあります。
産褥体操やリフォーム体操が載っている雑誌を持っていけば、ベッドの上で体操できて一石二鳥ですね。

出産は、予定日よりも早く始まることがよくあります。
7〜8か月の妊娠後期に入ったら、入院準備の荷物はひとまとめにしておきましょう。
いざという時に、パパやほかの家族でも支度できるようになっていると安心ですよ。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。