日本女性の晩婚化に伴い、ダウン症の新生児の出産率も高まり、赤ちゃんへのリスクもなく安い費用でできる「新型出生前診断」が話題になっていますね。

妊婦の血液を採取してDNAを調べる今までの出生前診断は、やはり赤ちゃんへのリスクはないのですが、検査費用が21万円と高額でした。しかし、新型出生前診断の費用は2万5000円から高くても5万円程度。

では、一体新型出生前診断ではどういったものなのでしょうか。分かりやすいように、高額な費用の出生前診断と比較しながら紹介していきます。

出生前診断の検査方法

血清マーカー検査と超音波検査で判断していく方法です。

出生前診断の検査が可能な期間

新型出生前診断は妊娠11週~14週に行えます。
一方、高額な費用を要する方の出生前診断は妊娠10週から可能で、こちらは現在では一番早い段階で検査ができる方法と言われています。

出生前診断の検査結果から見えてくること

新型出生前診断は、染色体異常の13トリトミー(ダウン症)・18トリトミー(女児に多い重度の先天性障害)・21トリトミー(女児に多い重度の先天性障害)の確率が分かるのに対して、高額費用の出生前診断は、同じく染色体異常の13トリトミー・18トリトミー・21トリトミーかどうかが分かります。

出生前診断の結果の確実性

新型出生前診断は、ダウン性の診断精度が約80%だと言われており、もちろん確定診断はできません。
また、高額な費用が必要な出生前診断も確定診断ができないのは同様で、高齢出産に含まれる35歳妊婦の精度も同じく80%だと言われています。妊婦の年齢が下がると精度がさらに下がり、高齢でハイリスクな場合はその精度が高まる。35歳以上の妊婦しか受けられないのが高額な方の出生前診断の特徴です。

方法や費用の異なる出生前診断を比較しながら紹介していきましたが、どちらもその検査の知識をきちんと把握し、家族としっかり話し合ってから決めることが一番大切です。もしも、家族もご自身も心から納得して検査を受けることを決められた場合は、新型出生前診断ができる病院がまだ少ないので、近くにどういった病院があるかを調べることも必要です。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。