検診に行くたびに赤ちゃんの成長が分かるのは嬉しいけれど、「逆子のままですね」という先生の言葉に毎回焦ってしまう妊婦さんも多いと思います。先生や周りの人達に、「ほとんどが自然に治るから心配ないよ」と言われていても、「本当に治るのかな…」とやっぱり不安ですよね。

そんなプレママさん達に効果的なのが30週目以降に、睡眠前に行う一般的な「逆子体操」です。
もちろん、自分の判断で勝手に行うのはNG!早産の危険がある妊婦さんをはじめ、逆子体操をしてはいけない人もいるので、必ず主治医の先生に相談をしてから行いましょう。

では、逆子が治ると言われている逆子体操の仕方を分かりやすく紹介していきます。なんとなく知っている方も、これを機におさらいしてみましょう。

うつぶせスタイルの逆子体操「胸膝位」

まずは肘を膝をついて四つん這いの姿勢になりましょう。
そして、両手を組み、顔をその手に乗せて、おしりだけが上がっている状態にします。
そのままの状態で5分~10分ほどキープ。お腹が張ったりしてくるとすぐにやめましょう。

あおむけスタイルの逆子体操「ブリッジ法」

仰向けに寝て、腰の下辺りにクッションや丸めたバスタオルをあてます。
そして、そのままの状態で5分~10分ほどキープ。こちらもお腹が張ったりしてくるとすぐにやめましょう。

楽な方の逆子体操を行った後は…

逆子が治ると言われている上記の2種類の体操は、どちらも子宮口を高い位置に持ってきて赤ちゃんを骨盤からずらし、赤ちゃんを回転しやすくするのが目的です。楽な方の逆子体操を選んで実践したら、赤ちゃんの背中が上にくる姿勢で横向きで30分ほど寝ましょう。
赤ちゃんは重力を利用して前回りで回転するので、先生に赤ちゃんの向きをあらかじめ聞いておくのもポイントです。

最後に、「逆子体操をしていたら100%逆子が治る!」というものではないということを理解しておくことが大切です。

ですから、毎日逆子体操をしているのに治らないからといって落ち込んだり、「もっともっと時間をかけて赤ちゃんのために頑張らなくっちゃ!」と意気込む必要はありません。「逆子が治るために有効な方法を実践している方が、ただ不安なままを過ごすよりも安心できる」。それくらいの気持ちで行っていくことをオススメします。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。