「長男に嫁いだから絶対一人は男の子を!」というようなプレッシャーに悩む女性は昔に比べて多くはありませんが、「夫の夢は息子と一緒に遊ぶこと」「女の子と男の子、両方子育てしてみたい!」という女性は結構いらっしゃいます。

実際、書店の出産コーナーにも産み分けに関する本がたくさん並んでいますが、中でも注目されているのが「カルシウムを摂取して男の子を妊娠」という産み分け方法です。

しかし、本当にカルシウムを飲むだけで念願の男の子を妊娠できるのでしょうか?

産み分けで効果的とされるカルシウムとは?

男の子の産み分けに良いとされるカルシウムの正体は、「リンカル」と言われるリン酸カルシウムのことで、リンとカルシウムと生体鉄を含む栄養補助食品です。

市販のサプリメントとは異なり、もともとは先天性異常を予防するために開発されたものでしたが、リンカルを飲んだ妊婦から産まれた子供のほとんどが男の子だったことから、男の子の産み分けにも効果的であることが分かりました。

ただ、このリンカルがどうして男の子の出生率を上げるのかはまだ研究中のため、その詳しい働きは分かっていません。しかしなから、リンカル自体が副作用の心配が一切ない天然カルシウムなので、産科でも産み分けで男の子を望む女性には服用を勧めています。

リンカルの飲み方について

リンカルによる産み分けを行う場合、2カ月以上は朝と晩に毎日2錠ずつ服用しましょう。

1日飲み忘れたくらいならば問題はありませんが、3日以上服用しないとリンカルの血液濃度が低下、そして5日飲み忘れると効果がなくなります。その場合、そこからまたリンカルを2カ月以上は飲み続けないといけなくなるので、飲み忘れだけは注意が必要です。

「18年間で成功率90%」というデータも報告されていることから、リンカルを飲むと男の子ができやすいというのは本当だと言えます。

しかしながら、「できる」ではなく、あくまでも「できやすい」ということを忘れてはいけません。

そして、産み分けを試す前に、「男の子を妊娠しても、女の子を妊娠しても我が子への大きな愛情は変わらない」ということを夫婦でしっかりと認識しておくことが必要です。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。