一般的に「出産をすると女性は変わる」と言われますが、実は「妊娠中から徐々に」という方が正しかったりします。

それは、妊婦になるとホルモンの分泌が大きく変化し、体調に大きく影響を与えるため、自分ではどうしようもないほどイライラすることが増えてくるのです。

そして、奥さんが妊娠してもたいして変わりのない生活を送っている旦那につい苛立ったり、当たり散らしてしまったりしてしまうのです。でも、本当は誰もイライラしている自分が好きなわけではありません。妊娠中は精神的にも不安定になりやすいので、変に落ち込んでしまうことも…。

では、なるべく旦那にイライラせず、できればにこやかにマタニティライフを過ごすためにはどのような気持ちの準備が必要になってくるのでしょうか。

イライラ=甘えているということを旦那と話しておく

決して旦那への愛情が冷めたとか、自分の性格が変わったとかではなく、妊娠中は身体のホルモンのバランスで感情が高ぶりやすくなっているからイライラするのだということを、ゆっくりお茶でも飲みながら話しておきましょう。

そして、一番長く一緒にいて、誰よりも安心できると思っているから、旦那に苛立ってしまうこともきちんと伝えておきましょう。「彼は分かってくれている」と思えるだけで、妊娠中のイライラがほんの少し落ち着くこともあるのです。

イライラの原因を緩和する

旦那の行動にイライラしているように思えますが、実は原因をすり替えている可能性もあります。もしかしたら、夜中何度も目が覚めて不眠続きになっていることが引き金だったり、肩こりや足のむくみがひどくてどんな体勢でいても身体がしんどいのが根本にあったりして、イライラを募らせているのかもしれません。

そんなプレママは、昼間ちょこちょこ横になって目を瞑って休憩をする。お気に入りの香りのオイルを買って旦那さんにマッサージをお願いしてみる。出産経験のある友人に不安や心配事を聞いてもらってアドバイスを受ける。そんな風に、まずは妊娠中のイライラ原因を明確にし、それを緩和する努力をしましょう。

旦那の良いところを積極的に思い出す

以前は脱いだ靴下が脱衣場にさえあれば良しとしていたはずなのに、妊娠中は「どうしてカゴの中に入れてくれないの!」と苛立ってしまったり、今までは旦那のスーツをハンガーに掛けることに幸せを感じていたのに、「もう!自分でしてよ!」と猛烈に怒りが込み上げてきたり…。

そんな時は、深く深呼吸をして、旦那の良いところを積極的に思い出しましょう。「でも、今朝ゴミを出してくれたしね」「お風呂掃除してくれるようになったし…まぁいっか」という風に、ご主人のプラスポイントを思い浮かべると、どうしようもないイライラがすこしずつ消化されていくのが分かると思います。

以上、妊娠中に旦那に苛立たないための3つの心構えを紹介しましたが、いかがでしたか?どれも決して難しいことではありません。

ご主人と円満な関係で赤ちゃんを迎えるためにも、今日からできることを早速実践してみませんか?ママのイライラは赤ちゃんにも確実に伝わっていると言われていますし、夜泣きのひどい赤ちゃんの原因の多くがママの妊娠中の情緒に関係するとも言われます。可愛い我が子のためにも、今から上手にイライラと向き合いましょう。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。