つわりや吐き気など、妊娠中の不快症状に効くアロマテラピー。実は禁忌とされる香りがあるのをご存知ですか?

一部のオイルには子宮収縮作用や月経を促す作用があるので、妊娠中のアロマ使用が禁忌とされているのです。

実際どのような香りを避ければいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

妊娠初期に避けたほうがいい香り

妊娠中、特に初期に避けたほうがいい香りは、ラベンダーやカモミールです。
これらのアロマオイルには月経をうながす作用があるため、流産の危険性があるということで禁忌となっています。
妊娠初期限定の禁忌ですから、中期以降は使用しても構いません。

ただ妊娠すると体質が変わり、今まで気に入っていた香りでも気分が悪くなることもあります。
濃度を薄めた精油での芳香浴程度にとどめておいたほうが無難ですよ。

中期〜後期に避けたほうがいい香り

妊娠中期〜後期のアロマで禁忌となっているのは、クラリセージやジャスミン、ジュニパーなど、子宮収縮作用や女性ホルモン様作用があるものです。

おなかが張りやすくなったり、早産を引き起こす可能性があるといわれていますので、妊娠中のアロマテラピーで禁忌になるのは納得できますよね。
また妊娠中の体調はデリケートなもの。ペパーミントやユーカリなど刺激の強いアロマオイルも、体調に影響を与えがちなので禁忌です。

ちなみに、妊娠中にアロママッサージやトリートメントなどをすると、オイルが経費吸収されて赤ちゃんにまで届く可能性があります。
禁忌ではないですが、素人判断でやらずに専門家のアドバイスをうけるようにしましょうね。

妊娠中のアロマで禁忌のものをご説明していきましたが、すでに使ってしまった!という妊婦さんもいるでしょう。
でも今赤ちゃんが無事に育っているなら大丈夫。気にする必要はありません。
リラックスした日々を送るために、上手にアロマを利用してくださいね。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。