妊娠中は、とにかくつわりやだるさなど体調の悪さに悩まされますよね。
特に薬を使いたくない妊娠初期には、アロマテラピーをおすすめします。
とはいえ妊娠初期のアロマには、気をつけなくてはいけないポイントがいくつかありますよ。
今日は妊娠初期のアロマテラピーの注意点をお話ししましょう。

妊娠初期に使ってはいけないアロマオイル

妊娠初期には、通経作用(月経を促す作用)のあるアロマオイルに気を付けましょう。
ラベンダー、カモミールなどがそれにあたります。
ラベンダーやカモミールオイルを使ったマッサージやトリートメント、アロマバスなど体に直接オイルが触れるものは、血流にのって体内に入り胎児に影響がある場合もあります。妊娠初期には避けたほうがよさそうですね。
芳香浴であれば、1時間程度なら禁忌のオイルでも問題ないとされていますが、希釈濃度は薄めにしておいたほうが安心です。

妊娠初期におすすめのアロマオイル

逆に妊娠初期におすすめのアロマオイルはなんでしょうか。
レモンやグレープフルーツなど柑橘系の香りは、つわりですぐれない気分を爽やかにしてくれるのでおすすめです。

またペパーミントやユーカリ、ネロリなどの香りも、吐き気やだるさを軽減してくれます。
ですが妊娠中は普段と違って、肌も過敏になっているものです。
おすすめのオイルといえども、マッサージなどでオイルを直接触れるのは避け、いずれも芳香浴程度にとどめておきましょう。

妊娠初期は体調が安定しませんから、妊娠中で一番もやもやした辛い時期かもしれません。
アロマテラピーを上手に利用して、リラックスしたマタニティライフを送ってくださいね。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。