里帰り出産をするには、病院の手続きもいろいろと必要になってきます。
どんな手続きが必要なのでしょうか?

里帰り出産を決めたら、分娩予約をしておく

里帰り出産をするということは、妊娠中にかかる病院と出産をする病院とが違うということです。

そのため、里帰り出産をすると決めた段階で、妊娠中にかかる病院には早めにその旨を伝えなくてはなりませんし、出産を希望する病院には出産予定日などの連絡を入れて分娩予約を取る手続きも必要です。
遅くても妊娠20週ごろまでには分娩予約を入れたほうがよいでしょう。
また、予約をいれたら里帰りするまでに少なくとも1回は、出産予定の病院を受診しましょう。

転院のための紹介状を準備する

里帰り出産の時期が近づいてきたら、それまでかかった病院の先生から出産をする病院宛てに紹介状を書いてもらうとよいでしょう。
紹介状は有料(5000円程度)ですが、赤ちゃんや母体の状態などを里帰り先の病院に伝えるためには大切なことですので、必ずお願いしましょう。

出産したら出生届を提出する

出産したら14日以内に出生届を提出することが義務付けられています。届を出す役所は里帰り先でも構いませんが、出産した病院の先生の証明が必要となりますので忘れずに記入してもらいましょう。
なお、用紙は病院でもらうことができます。

出産育児一時金や出産手当金などに必要な書類を記入してもらう

出産をすると、出産育児一時金や場合によっては出産手当金というものの給付を受けることができます。
自分はどの給付を受けることができるのかを出産前に確認しておく必要がありますが、これらの給付金を申請する際に必要となる書類も病院で記入してもらわなければなりません。

このように、里帰り出産をするためには二つの病院でさまざまな手続きが必要となるため手順よく準備をしておく必要があります。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。