出産の時、自分の実家もしくは夫の実家で里帰り出産をするという人が大半だと思いますが、
この里帰り出産は一体いつからいつまでするものなのでしょうか?

里帰り出産の目的

里帰り出産の一番の目的は、出産後の家事や育児をサポートしてもらうことです。
出産は、一歩間違えれば母子ともに命を落とすこともある大仕事です。

そのため、産後は精神的には興奮状態にあるものの身体的にはかなり弱っている状態であり、産後すぐに
一人で家事や育児をこなすのは到底無理です。

そこで実家に帰省し、母親などに家事と育児をサポートしてもらいながら産後の回復をはかる必要があるの
です。

里帰り出産はいつからいつまでが多い?

里帰りする時期は、出産予定日の1か月ほど前からという人が多いようですが、中には1か月半や2か月
近くも前から帰省する人もいるようです。

私自身も2度の出産経験がありましたが、2回とも予定日の1か月前から実家に帰省しました。
「もっと出産予定日ギリギリではだめなの?」と思う人もいるかもしれません。
しかし出産予定日の1か月前というのはすでにいつ生まれてもおかしくない状態になっていますので、
あまり予定日ギリギリでは、里帰りする前に出産してしまうかもしれません。

また、里帰り出産する先の病院も数回受診しておく必要があるため最低でも予定日の1か月前までには
帰省しておくほうがよいでしょう。
産後は、最低でも産後1か月は実家で過ごす人が多いようです。
中には産後2か月近く実家で過ごす人もいるようです。

私も第1子を出産した時は、季節が真冬だったこともあり産後2か月実家で過ごしましたが、第2子の時には
1か月で自宅へ帰りました。

先程も触れましたが、出産は本当に大仕事です。産後というのはただでさえ体も弱っているのに、
おむつ替えや母乳を飲ませることも頻繁にしなくてはならないため、半ば徹夜という人もいるでしょう。

ですので、いつからいつまで里帰りするという明確なきまりはありませんが、
やはり最低でも産後1か月は実家でサポートしてもらうほうが安心といえるでしょう。

また、お産が大変だったかどうかでも産後の回復は違ってくると思いますので、自分の体調に合わせて
里帰りをいつからいつまでするか決めるとよいでしょう。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。