つわりと言うと吐き気をイメージする方が多いのではないでしょうか?
私も妊娠前までは、お米がたける匂いで「うっ気持ち悪い」となるのがつわりの症状だと思っていました。

実際に妊娠し、特に私はつわりの症状が長く、妊娠7ヵ月(24週)くらいまで続きました。
私の経験ですが、これから、妊娠を考えている方や、現在つわりで辛い方の参考になればと思います。

一般的には、つわりは妊娠5週目から始まり、11週くらいまでがピークと言われています。

まったくつわりの症状がない方もいます。(うらやましい)

つわりの症状としては、
吐き気、食べ物の好みの変化、においに敏感になる
などがあるそうです。

私はこの3つは全て経験しました。

つわりの症状で一番つらいのは吐き気

妊娠が分かった4週目からすでに、少しムカムカする感じはありました。

徐々につわりの症状が強くなりムカムカは強い吐き気になりました。
私は妊娠3カ月くらい(11週)がピークでした。

食べても食べなくても気持ち悪いのです。
不思議と空腹感もありませんでした。

吐き気が少し落ち着いたと思った時はゼリーやアイスを少し口にしていました。

あまりに食べないので赤ちゃんに栄養がいかないのではと心配でしたがつわりのひどいうちは、もとから蓄えられていた栄養で赤ちゃんは育つそうです。

なのでママが無理して食べて吐いて、ボロボロになるくらいなら無理して食べなくて大丈夫と主治医に言われました。これを知ってから少し気持ちは楽になりました。

吐くことは結構体力を使います。私はもう、トイレにずっといようかと思ったくらい常に吐き気と戦いました。

つわりの症状がひどい時はどうするか

完全に治まる改善策は、ないのです。終わる時を待つしかないです。

病院で吐き気止めを処方してもらいましたが私は飲むと逆に吐き気が強くなるので使えませんでした。

吐き気止めの点滴は、なぜか覚醒してしまい点滴を外したくてしょうがないという症状になり1回でやめました。これは自分が怖かったので。

私は、つわりの症状がピークの時はとにかく横になっていました。
吐き気が強くなかなか眠れないのですが横になってボーっとして目をつむっていました。

気分転換に外に出るといつ吐き気に襲われるかわからずとにかく家にいることができるときは寝ておくことが一番!家族や友人と電話するのは気分転換になりました。(気持ち悪かったら切れるので安心)

「つわりの症状は、いつか終わります!長いかもしれないけれど一生は続かない!」

そう思っていた私は結構長く苦しみましたが今思えば、食べられず、あまり体重が増えなかったので産後すぐに戻って良かったです。今、つわりで苦しんでいる方も無理しなくて良いんです。

もう嫌だって思いますが赤ちゃんが育ってる証拠だって自分に言い聞かせると励みになりますよ。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。