マタニティーマークは赤ちゃんを守る目的で作成されたものなので、一見いいことばかりがありそうですが、
現実にはこのマークを巡っては嫌がらせなどの様々なトラブルがおきています。

そこにはマタニティーマークを間違った使い方で使っていることが原因としてあるようです。

「ニセモノの妊婦」が増えてきた

マタニティーマークは出産後は各自で処分することになっていますが、これも義務ではないため実際には友人に譲ってしまったりすることもあるようです。

その結果妊娠していないのにマタニティーマークを身につけ、電車やバスなどで席を譲ってもらおうとする「ニセモノの妊婦」が増えているという問題が生まれています。

こうした問題から、本当に妊娠している人がマタニティーマークを付けていても快く思わない人が増えてきており、その結果さまざまな嫌がらせを受けることもあるようです。

どんな嫌がらせをされる?

例えば、マタニティーマークを付けて電車などの優先席に座っていると舌打ちをされた、「電車なんか乗るな」と言われた、マタニティーマークを引きちぎられたなど、内容は様々ですが中には実際に嫌がらせとして妊婦さんに危害が加えられることもあり、とても深刻な問題と言えます。

私自身も第2子を妊娠中にマタニティーマークをつけて電車に乗っていたところ、「こんなものつけてても席は譲ってやらない」などと言われたことがあります。

こちらは全くそんな気はなかったのに・・・と、とても不快になったのを今でも覚えています。
また、中には不妊で悩んでいる人がマタニティーマークを不快に思い嫌がらせをすることもあるようです。

このように、悲しいことではありますが実際にマタニティーマークをつけていることで嫌がらせされることはあります。

しかし、万が一妊婦さんが傷つけられお腹の赤ちゃんが死んでしまうようなことがあれば、それは嫌がらせの範疇を超えた立派な犯罪です。

そうならないためにも、みんながマタニティーマークの正しい意味を理解し受け入れることが大切です。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。