最近よく聞く「キラキラネーム」。
一生懸命考えてつけたはずの名前が…
キラキラネームをつけられた子どもは、就職で不利だと言われるようになりました。

キラキラネームとは…?

キラキラネームとは、すんなり読めないような当て字や、
外国の方によくある名前を無理矢理日本の漢字に当てはめたような、奇抜な名前のことを言います。
マンガやアニメのキャラクターの名前から引用しているようなものも含まれます。

最近では、名前辞典などにも積極的にこういった名前が紹介されていて、「もしかして、こんな名前も珍しくないのではないか…?」と、キラキラネームを付けてしまう親御さんもいらっしゃるのかもしれません。

子どもの名前は親の教養をあらわす…?

名前を考えている際に色々と調べていると、キラキラネームの子どもは就職に不利だという話が目につきました。

名前で就職に不利になるなんて、なんだかひどい!と思ってしまいましたが、理由をみて少し納得。

就職に不利になるその理由としては、

・キラキラネームをつける親の常識が少なからず子どもに影響しているはず
・実際に、小さいころから名前をからかわれていたのか、声が小さい人が多い

ということでした。

確かに人事担当者からすれば、名前が一つの指標になってもおかしくありません。
特に、最終的に人事の決定権をもつのは60歳前後の方たちなので、余計に目についてしまうのかもしれませんね。

かといって、就職に有利な名前にしよう!
なんて、産まれてくる子どもの名前を考えるときには思いもつきません。

ただ、就職だけではなく、小学校などのお受験や、名前が原因でいじめにあったり…はたまた、結婚する際に影響がでたり…
そんな話も少なくないのです。

名付けは最初のプレゼント

子どもの名付けは本当に難しいものです。
画数を調べ、辞書を引き…夫婦で話し合って名前を決める方が多いのではないでしょうか。

意味や雰囲気、音、画数…色々なものを考えながら大事に大事につける名前。
名前は親から子へ贈る、最初のプレゼントなのです。

だからこそ、思いを詰め込みすぎた結果、キラキラネームなるものが生まれてしまったのかもしれません。

就職しやすいような名前にする必要はないと思いますが、名前で子どもの人生が左右されることも事実です。

親も子どもも幸せになる、そんな素敵な名前に出会えるといいですね。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。