妊娠して病院にかかると、保険が適用されないので、健診の費用は100%自分の負担となります。
幸せな気持ちの中でも、その負担は大きいですよね。
そこで助かるのが妊婦健診のクーポンです。

妊婦健診クーポンとは…?

まず、産婦人科にかかって赤ちゃんの心音が確認できる頃に、出産予定日が決まります。
産婦人科の先生から妊娠届出書または妊娠証明書が発行され、自治体の保健センターへ母子手帳をもらうように言われます。
母子手帳をもらう際に、一緒にもらうのが妊婦健康診査受診票というクーポンです。

このクーポンは、名前や住所、出産予定日などを事前に記載し、妊婦健診の際に産婦人科へ提出します。
クーポンに記載された検査を受けた場合に、一定金額を上限として助成が受けられます。

妊娠は病気ではないので、妊婦健診は全額実費負担となりますが、このクーポンがあれば助成がでるので実質の負担は少なくなるというものです。

いくら助成されるの…?

全額無料になると勘違いされる方も多いようですが、あくまで助成であり、無料とはなりません。
また、病院によって検査項目等が変わるので、自己負担の金額も変わってきます。

私の場合、里帰り前に通院していた病院と里帰りの病院で大きく金額が違いました。

【里帰り前】
・とても綺麗で設備も最新
・エコー写真などのアルバムがもらえる
・毎回の検査で4DのDVDがもらえる
・入院中の食事も豪華

助成「あり」の金額で平均〜3,000円くらいの負担

【里帰り中】
・古い総合病院
・一つ一つ自分でやることが多い
・入院中の食事は質素で有名

助成「なし」の金額で平均3,000円くらいの負担

里帰り中はクーポンが使えないので具体的な比較ができませんでしたが、里帰り中の妊婦健診は助成がないのにも関わらず、里帰り前の助成がきいた金額よりも安かったのです!
病院によって、検査項目やサービス面の違いもあって、負担額がいくらになるのかは大きく変わるのだと実感しました。

さらに、自治体によりいくら助成になるのかもまちまちです。

【自治体A】
21,000円×1回、8,000円×3回、6,000円×2回、4,000円×8回 の計89,000円の助成

【自治体B】
10,000円×1回、6,000円×1回、4,000円×12回 の計64,000円の助成

住んでいるところによって大分差があるんですね。

私の住んでいた自治体の場合は、基本健診・初回血液検査・子宮がん検診の券が一枚…という形での記載だったので、具体的にいくら助成があるのかはわかりませんでした。
なので、いくらかかるか毎回ドキドキしながら、1万円以上は握りしめながら妊婦健診に臨んだ記憶があります。

いくら分助成が出るのかが気になる方は、ご自身の自治体のホームページで調べるか、電話で問い合わせてみるといいでしょう。

まとめ

・クーポンはあくまで助成であって、無料ではない
・妊婦健診にかかる費用は病院によって金額が変わる
・いくら助成されるかどうかは自治体によって変わる

妊娠・出産ではお金も大きく動きます。
自治体によって負担も違うので、なんとか人口を増やそうと助成される部分を充実させている自治体もあります。
実際、私は妊娠中期まではとても充実した女性の自治体に住んでいて、妊娠後期に引っ越したところは助成がほとんどありませんでした。
これから妊娠・出産を考えられる方は、そういったところも気にしながら住むところを決めるということも大事なのかもしれません。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。