女性が育児休暇をとることは一般的になってきたように思いますが、一方で男性が育児休暇をとることはまだまだ浸透していないような…。
旦那さんが育児休暇をとることが具体的にどういうことか、まとめてみました。

男性の育児休暇とは

女性だけでなく、男性も取得することができる育児休暇。
子どもが1歳になるまでの間(場合によっては1歳6カ月になるまで)に取得することができます。
会社にそういった制度がない場合でも請求できる権利とされているので、申出をすれば育児休暇を取得することができます。

休暇中は無給になってしまいますが、雇用保険の被保険者であれば 休業開始時賃金日額×支給日数×50% が支給されます。その際、社会保険料が免除されます。

育児休暇を取得したいと考えている男性は3割以上いるとされていますが、実際に取得している方は3割に満たないそうです。

実際には、会社や上司からの理解が中々得られず、取得に至らない方も多いようです。

取得のメリット・デメリット

旦那さんが休暇を取得するにあたり、心配なことはやっぱりお金という方も多いのではないでしょうか。
やはり、いくら支給があるとはいえ、普通に働いている時ほどの金額が入るわけではありません。
また、長期で休暇をとることで復帰した際の自分の仕事ぶりについて不安に思う方もいらっしゃるようです。

ここまで聞くと不安になってしまうかもしれませんが…
もちろんいいところもあります!

旦那さんが休暇をとることで、旦那さんの家事や育児の時間が長くなり、それが第二子以降の出生率をあげるというデータがあります。
また、休暇の取り方によっては、奥さんの職場復帰を早めることができたり、第二子の出産前に第一子の育児をしてもらえたり、女性にとっても子どもにとってもメリットになります。
もちろん、旦那さんにとっても、子育てに積極的に参加することで、子どもと一緒の時間を楽しみ、これまでの仕事や家庭を振り返るきっかけになることも。

夫婦で話し合う時間をもってみましょう

女性が働いている場合は特に、復帰のことも考えて旦那さんにどう協力してもらうかは重要になります。
第一子・第二子・第三子…となれば女性は出産する前後は何度も休むことが必要になります。
そこで旦那さんの協力が得られて、少しでも早く復帰できたりすると、その後の休暇も取りやすくなっていきますよね。

実際に育児休暇を取得された旦那さんの中には、休暇中に教育方針や、夫婦それぞれのキャリアのことを話し合うことができてよかったという方もいらっしゃいます。
夫婦で今後の人生設計をどうするのかということも含めて話し合う時間を設けることで、家族としての絆も強くなるようです。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。