出産には多額の費用がかかります。
しかし、出ていくばかりではなく、入ってくるお金もあるのです!
そこで、出産手当金がいつからもらえるのか、まとめました。

出産手当金とは

産前(出産予定日を含んだ42日間)と産後(出産後の翌日から56日間)には、女性は就業できません。
その期間の給料が会社から払われなかったり、払われても額が低かったりする場合、加入している健康保険から支払われるのが「出産手当金」です。

支払われる金額は、一日につき標準報酬日額の3分の2に相当する金額です。
標準報酬日額は、その年の4月・5月・6月の平均報酬額を30で割ったものです。

例えば、標準報酬月額が25万円の場合、1日あたりの出産手当金㈬は25万円÷30×(2/3)≒5,555(円)

それが、予定日ぴったりに産まれた場合であれば、産前休業分として5,555×42日=約23万円分、産後休業分として5,555×56日=約31万円分受け取ることができるということです。

2013年度までは、出産手当金の社会保険料は免除されていませんでしたが、2014年度から免除対象になったので、今からお子さんを産みたいという方には環境もよくなってきました。

私はこの出産手当金の存在を知らず、出産のためにパートを辞めてしまったので、こんなにもらえたなんて!と後悔しています…。

申請を忘れずに!

いつから支給されるかを考える前に、まずは申請をしなければなりません。
産休に入る前に必ず勤務先から「出産手当金支給申請書」をもらい、記入して提出する必要があります。
申請が遅れると、その分支給されるのも遅くなります。また、分娩した病院で記入してもらわなければならないところもあるので、入院期間中に記入するのがいいかもしれませんね。

出産手当金はいつからもらえるの?

産前産後に会社を休んでしまうと、家計に大打撃です。
出来れば早くほしい!!という方が多いと思います。

いつからもらえるのか、調べられている方も多いようですが、一般的には申請後1〜2ヶ月後に支給されるそうです。
しかし、産前休暇・産後休暇に入ってからそれぞれ約4ヶ月かかったという方もいらっしゃいますし、どうやら加入している社会保険によってまちまちのようです。
いつからもらえるのか心配な方や、いつからもらえるかで金額的なプランが変わってくる方は、保険証に記載されている保険者へ問い合わせをしてみてみましょう。

妊娠や出産でお金は驚くほど動きます。
私はこの出産手当金の存在を知らなかったため、かなり損をしてしまったなぁと後悔しています…。
出ていくお金もあれば、入ってくるお金もあるので、きちんと手当について調べて、いつから何がもらえるのか、資金計画をきちんと立てられることをお勧めします。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。