出産はいつの時代でも命がけ。
分娩中には何が起こるかわかりません。
分娩中に行われる医療行為の一つに、吸引分娩があります。

吸引分娩とは

分娩をする際、子宮口が全開になり、赤ちゃんが下がってきていることが重要になります。
しかし、子宮口が全開したのにも関わらず、なかなか赤ちゃんが下がってこず、分娩が進行しないことや、赤ちゃんの心拍が下がってしまい命に危険が及ぶこともあります。

そういった時に行われるのが、吸引分娩です。
具体的には、カップを赤ちゃんの頭に当てて、吸引力により赤ちゃんを引き出します。

吸引分娩はカップを使います。メスなどを使うわけではありませんが、産科手術の一つです。
なので、吸引分娩は医療行為の一つということです。

妊娠は病気ではないので、保険はききません。
では、吸引分娩という医療行為をした場合はどうなのでしょうか?

保険は適応されるの?

医師が病気だと認めて診療を行うと異常分娩、それ以外は正常分娩とされており、異常分娩の場合は保険診療の対象となります。

この、病気だと認めて診療を行う という部分が微妙なラインです。
吸引分娩をしたことで結果的に正常の分娩となった場合には、保険適用外となるようなので、吸引分娩は適用されないことのほうが多そうですね。

ただし、保険会社によってもまちまちのようなので、出産の際に吸引分娩を行った方は一度ご自身の保険会社に問い合わせてみてください。
保険が適用になるということを、その保険の担当者すら知らなかったという話もあるので、確認してみる価値はありますね!

まだ保険に入っていない方、保険の見直しをされたい方は、保険のビュッフェ
だと中立の立場から、無料で保険相談(勧誘なし!)ができますよ!

出産は身体だけではなく、金銭的にも負担がかかります…。
そのほかにも、前期破水で保険がおりたーなんて話もありますので、気になったら問い合わせる。これにかぎりますね!
おりてくるお金はできるだけもらって、少しでも可愛いわが子のために使いましょう♪

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。