妊娠すると、ホルモンバランスの影響で味覚の変化が現れることがあるというのはよく耳にしますよね。
その中でも、「妊娠中に一番はまったのがマクドナルドのポテト!」という人が結構いらっしゃいます。
そして、そんな妊婦さんを不安にさせているのが「マクドナルドのポテトは妊娠糖尿病になりやすい」という噂です。

ジャンクフードは確かにカロリーも多いですし、食べ過ぎると身体に良くないということは予想の範囲以内ですが、妊婦がマクドナルドのポテトを食べると、本当に妊娠糖尿病になるのでしょうか。

そもそも、妊娠糖尿病って何?/h3>

俗に言う「糖尿病」とは異なり、これまで糖尿病とは無縁だった人が、妊娠中に糖尿病を発症した時の病名を「妊娠糖尿病」と言います。

妊娠すると、胎盤から血液中の糖を分解するインスリンの働きを弱まらせるホルモンが分泌され、血糖値が上がりやすくなるのが主な原因です。
出産後は、胎盤が体外に出るのでホルモン分泌の心配がなくなり、自然に治ることが多いのですが、妊娠糖尿病にかかった人は将来糖尿病になる確立が高まるので要注意です。

マクドナルドのポテトを食べると本当に妊娠糖尿病になるの?

その答えは、イエスもノーもはっきりとは言えません。

それは、そもそも妊婦の体質があるからです。
肥満傾向にある人や妊娠を機に体重が一気に増えた人、また身内に糖尿病の家族がいる人は、「どうしてもマクドナルドのポテトが食べたい!」という欲求のままに摂取すると、本当に妊娠糖尿病になる可能性がグッと高まるのは事実。
ジャガイモは、お米やパンなどと同様に炭水化物が多く、体内で糖として吸収されるので、妊娠糖尿病を避けるには食後の血糖値が上がりやすくなる糖質に気をつけなければいけません。

裏を返せば、マクドナルドのポテトに限らず、糖分の多い飲料水やフルーツなども取りすぎると妊娠糖尿病を引き起こす可能性が高まるということです。

以上のことから、「マクドナルドのポテトは妊娠糖尿病になる」というのは、妊婦さんに警鐘を鳴らすためのもののようです。
実際、悪阻でマクドナルドのポテトにはまる人が多いことと、ポテトは糖に変わるので妊娠中のホルモン分泌を考えるとなるべく控えまた方がいいということが重なって、そういう風に言われているようです。
いずれにせよ、食事にはいつも以上に気を配ることが大切ですね。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。