「妊娠高血圧症候群」というのを聞いたことがありますか?
この言葉をあまり耳にしたことがなくても、「妊娠中毒症」というワードにはピーンとくる人も多いのではないでしょうか。

一昔前までは、妊娠中期以降に高血圧・浮腫・蛋白尿のどれか1つ、もしくは2つ以上に当てはまると一括りにして妊娠中毒症と呼んでいました。
しかし、研究が進むにつれ、「高血圧」が最も注意を払うべき症状だということが分かり、しっかりと区別を付けるために「妊娠高血圧症候群」という病名が付けられたのです。
つまり、それほどまでに高血圧は妊婦や胎児に引き起こす異常や影響が大きいということになります。

本当に危険な妊娠高血圧症候群ですが、その原因は一体何なのでしょうか。

妊娠高血圧症候群って何?/h3>

「妊娠20週以降で、分娩してから12週まで高血圧が見られる場合」、または「高血圧と尿蛋白の両方が見られる場合」で、いずれにおいてもこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないものを「妊娠高血圧症候群」と呼びます。
また、妊娠高血圧症候群は、妊娠32週以降にかかることが多く、妊婦さん全体の約5%が発症すると言われています。

妊娠高血圧症候群にかかるとどうして危険なの?

特に妊娠32週未満で妊娠高血圧症候群にかかると、重症化する可能性が高くなるので要注意です。
重篤な合併症としては、肝臓や腎臓の機能障害がなどが挙げられる他、脳出血や肺水腫の可能性も出てきます。

そして、その危険は、母体だけではありません。
赤ちゃんの発育が悪くなる可能性も高まり、胎盤が剥がれて赤ちゃんに酸素を送れなくなることもあるのです。
最悪の場合は赤ちゃんが亡くなってしまうこともあり、母体だけでなく、胎児にとっても大きなリスクを伴うことに繋がります。

妊娠高血圧症候群の原因とは?

妊娠前から高血圧だったり、腎臓を患っていたりすると、妊娠高血圧症候群になりやすいと言われています。
また、高齢出産(特に40歳以上)や肥満傾向にある人も要注意です。

とは言っても、残念ながら、妊娠高血圧症候群のはっきりとした原因は未だ不明なのです。
今の段階では、身体が妊娠に順応できないのが原因で、それが症状の一つとして現れていると考えられています。

「妊娠高血圧症候群」の具体的な原因は現段階では分かっていませんが、少しずつ研究も進み、今後その原因も明らかになっていくことでしょう。
しかし、明確な原因が分からない今、予防策もコレといったものがないもの事実です。

しかしながら、食事の量を考えたり、塩分を控えたりと、自分の身体と赤ちゃんのことを考えて今からできることは積極的に取り組んでいくことをオススメします。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。