「そろそろ赤ちゃんを授かれたらいいな」と夫婦で話が盛り上がっている時、ふと「妊娠中、仕事と家事を両立できるのかな」と不安になることもありますよね。
また、実際に今妊娠中で、悪阻なども出てきて、「この先、共稼ぎしながら家事分担とか上手にやれるのかな」と頭を悩ませている女性もいらっしゃると思います。
世の共稼ぎ夫婦の皆さんは、妊娠中どのように家事分担をしているのでしょうか?

ケース1【今までと変わらない】

妊娠が分かる前から、夫がある程度の家事を引き受けてくれている共稼ぎの家庭は、妻の妊娠後もそのまま決められた家事分担をこなすパターンが多いようです。
もちろん、食事づくりが担当の妻が悪阻などで作れない場合は、夫が会社帰りにふたり分のご飯を買ってきたり、簡単なものを作ったりしてくれる男性陣もたくさんいらっしゃいます。

夫も「ずっとこの状態が続くわけではない」ということを知っているので、妊娠中限定のプラスα家事に協力してくれるのでしょう。

ケース2【妊娠を機にいくつかの家事を夫担当に】

共稼ぎとは言え、夫の方が帰りが遅かったり、出張が多かったり…。「今の時代に合ってないな」「私だって疲れているのに」と感じながらも、ほとんどの家事を妻が引き受けているというケースもよく聞きます。

しかし、そんな共稼ぎ夫婦の一つの分岐点が「妊娠」です。
妊娠を機に、かがむ姿勢が辛かったり、滑ったりする危険性もあるので、まずはお風呂洗いを夫の家事分担に。
そして、毎日ではないゴミ捨てや、休日の布団干しなど、お腹の膨らみと体調に合わせて少しずつ夫へ…という戦略的なプレママもいらっしゃいます。
妊娠中だからと言って、急に「あれもこれも家事分担」というのは難しいので、上手に甘えてみることをオススメします。

ケース3【妊娠中だけと割り切ってプロに依頼】

もうひとつは、「妊娠中の家事をプロに任せる」という選択です。
共稼ぎ夫婦の場合、蓄えや収入も、一馬力の世帯に比べると余裕があるので、それぞれがお金を出し合って、掃除やご飯や洗濯などの家事を業者に委託するケースが増えています。
もちろん、ふたりで家事分担した方が余計な出費はかかりませんが、共稼ぎだからこそできるというのも強みです。

妊娠中の家事分担は、そのまま出産後の家事分担にも影響してきます。
産後しばらくは赤ちゃんのお世話で大変ですし、ママの身体の回復を最優先することも大切です。

そういった意味でも、特に共稼ぎのお二人は、妊活や妊娠を機に、「無理のない家事分担」そして「思いやりの家事分担」を夫婦で話し合ってみることをオススメします。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。