オーガニックやベビーサインなどを積極的に取り入れている、自然派ママに人気の育児法のひとつが『おむつなし育児』です。
『おむつなし育児』と聞いて、「興味はあるけど、なんだか大変そう…」と感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし、決してそんなことはなく、今まで自然派と無縁だったママも気負いなく簡単に始められる育児法なのです。
ここでは、簡単に『おむつなし育児』についてご紹介していきます。

『おむつなし育児』=EC

おむつなし育児は、よく「EC」(Elimination Communication)と言われます。
Elimination(エリミネーション)とは、日本語で排泄の意味で、おむつなし育児とは本来「排泄から生まれる親子のコミュニケーション」という目的なのです。

ですから、おむつナシで過ごせるようにするトイレトレーニングとは全く別物と考えた方が良いでしょう。
赤ちゃんの表情やサインから排泄のタイミングを読み取って、赤ちゃんとのコミュニケーションからトイレやおまるで排泄する快適さを教えてあげるのが『おむつなし育児』です。

『おむつなし育児』の誤解!

初めて『おむつなし育児』を耳にした人の中には、お家にいる時は全くおむつを着けさせない方法なのではと勘違いする人もいます。
赤ちゃんの排泄のタイミングが合えばラッキー!
そのタイミングが合わなければ、お家の床が排泄物だらけに…と想像してしまうようです。

しかし、それは全くの誤解で、トイレやおまるに座らせる時以外はおむつを着けているのが『おむつなし育児』なのです。
そして、朝起きてすぐやおっぱいやミルクを飲んだ後など、赤ちゃんが排泄しそうな時だけ、おむつを外してトイレやおまるに座らせるのです。

『おむつなし育児』は、人間が本来持つ排泄コントロールの能力を養っていく育児法であると共に、赤ちゃんが示す排泄のサインや表情を家族が読み取ろうとするため、自然とコミュニケーションが深まるという利点があります。
さらに、赤ちゃんもお尻があまり汚れないので排泄後もNOストレス!
紙おむつ代が減るというメリットも挙げられます。

『おむつなし育児』は、考えているよりも難しくないので、暖かい季節から気軽に初めてみませんか?
排泄のタイミングがだんだん分かってくる過程も子育ての楽しい思い出になると思います。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。