一人目の出産で、出産時間は9時間半です。
妊娠中は基本和食を心がけていました。
煮魚や肉じゃがなどをメインに、副菜を2〜3品用意するようにしていました。

副菜は小松菜のおひたしや、切り干し大根、ひじきの煮物、かぼちゃの煮つけ、ほうれん草の胡麻和えなどです。
また野菜をたくさん食べるようにし、生よりも炒めたり蒸し野菜にして食べていました。

飲み物も冷たいものではなく、できるだけ常温か温かいものを飲むようにしていました。
例えば白湯や黒豆茶、たんぽぽ茶、マタニティー期にokのミルクティーなどです。

ですが、無性に食べたくなるパンやポテトフライなどファーストフードは食べないのではなく、ストレスがたまらない程度に我慢しながら、量に気をつけて時々食べていました。

お腹が張り出してからだんだんと間隔が短くなり陣痛だと気づいて病院へ連絡したのが午前3時すぎです。
初産だからゆっくり来ていいと言われたので、耐えられる痛みまでは自宅でなんとか過ごしていました。

さらに間隔が狭まり、初めてなので不安もあったので午前6時ごろ病院に到着しました。
「まだ子宮口は5センチなので、陣痛室でミニターします」と言われモニターを付けて陣痛間隔を図りながら過ごしました。
だんだん強くなってくる痛みは、お腹というより腰とおしりに激痛が襲ってきました。

おしりをグッと押してもらうと楽になり、陣痛も少しは軽くなりました。
そうやって陣痛室に正午までいたあと、子宮口が8センチまで開いたので分娩室へ歩いて移りました。

このときそのまま出てくるのではないかと思うほどでしたが、なんとか分娩台に行き、子宮口が全開になってから力んで4回めくらいで頭出てきて、そこからはツルンと出てきてくれました。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。