初めての出産でした。本格的な陣痛が始まらず、促進剤をうってもらったところ、あっという間にお産が進み、1時間後にするっと産まれました。体力の消耗はほとんどなく、スーパー安産でした。

体重管理にすごく厳しい産院だったため、主に食事管理で体重をキープしていました。
特に気をつけていたことは、野菜をたくさん摂ること、塩分を控える、和食を心がける、間食をやめることです。

どうしてもお腹がすいたときはドライフルーツを食べるようにしていました。ドライフルーツをヨーグルトに入れて食べると、便秘解消にもなりおすすめです。はちみつは腸内環境をよくしてくれる効果があるので、ヨーグルトにプラスするのもいいですし、色々な料理に少し入れるだけで、コクやうまみもアップするので、かなりおすすめです。

つわり中は、食べられるものも偏りがちになるので、食べたいものを食べたいだけ食べ、脱水症状にならないように、こまめに水分補給をすることに心がけていました。

なかなか本格的な陣痛が始まらなかったため、病院では足湯やスクワット、階段の上り下りなど、できるだけのことをやり尽くしました。

30分程度仮眠をして、助産師さんと主人にマッサージをしてもらい、とてもリラックスできました。張りはあったものの、本格的には陣痛が始まらなかったので、促進剤を打つことになりました。すると、すぐに強い陣痛が始まりました。分娩室ではリラックスできるように好きな音楽を流していただけたり、想像していた壮絶な出産とはかけはなれた雰囲気でした。

助産師さんの声に合わせていきみ、「上手!上手!」と褒められてとてもうれしかったです。

赤ちゃんもでてきやすかったのか、強い陣痛を感じてから1時間で産まれました。産声を聞いた瞬間、ホッとしたのと充実感、感動で涙がとまりませんでした。
元気に産まれてきてくれて、本当にうれしかったです。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。