一人目の出産 陣痛かな?と思ってから12時間
妊娠中は、減塩の食事に気をつけました。

濃い味のものが好きなのですが、なるべく薄味に気をつけて、野菜を多めに摂るようにしました。
味はしょうゆを入れるよりもダシで味を摂るようにして、お肉料理よりもお魚料理を食べるようにしました。

おやつも、母からすすめられてだしに使うような煮干しなど小魚を中心に食べてカルシウムをとって赤ちゃんの栄養になるように努力しました。ケーキなど、生クリームの入ったものは将来的に母乳が詰まるかもしれない、と言われましたので控えて、洋菓子は控え、お菓子を食べるにしてもおせんべいなどを中心に食べました。

また、朝ごはんを食べないなど、もともと食生活が不規則だったのですが、赤ちゃんの栄養によくないと言われて3食とりました。

初めての出産のため、何が陣痛かもわからない状態でした。一度、ただお腹が痛かっただけを陣痛と勘違いしてしまったこともありました。

しかし、実際に陣痛かも?と早朝に感じてからだんだんと間隔が短くなり、1分ぐらいになったときに陣痛室に入りました。

すでに隣の部屋には前から陣痛で苦しんでいる方もいらっしゃったのですが、その方はなかなか生まれないから、と助産師さんがこちらを先にしましょう、とわたしのところにやってきて、それから踏ん張った末にぽんと出たのが我が子です。

痛みはもちろんありましたが、安産だったようです。子供は2500と小さめでしたが、頭も小さかったため、特に何かに引っかかることもなく、思ったよりもすんなり産まれました。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。