2人目の出産で、9時間位かかりました。
妊娠中初期はつわりがあったので、その時々で食べたいものを食べるようにしていました。
つわりが治まってからは、食事に気をつけるようにしていました。
生協の宅配を利用して安全そうなお肉やお魚をメインにして味付けはなるべ薄くしていました。

貧血が酷かったので、おやつはよくプルーン食べていました。病院から葉酸を貰っていたのでそちらも服用していました。
妊娠後期からは貧血も良くなり、なるべく朝、昼、夕と自炊していました。
良く作っていたのは煮物です。一度に沢山作り味を変えたりして手抜きもしました。

肉じゃがの場合は、1日目は普通に作り翌日は潰してコロッケにしていました。
カレーの場合は、翌日は水を足して和風だしと醤油を入れて水溶き片栗粉を加えとろみが出たら長ネギを加えてカレーうどんにしました。
アレンジすることで時短も出来て美味しくいただけます。

1人目のときは出産するのが恐かったので、あえて育児書を見ませんでした。人の体験談も聞きませんでした。
あれこれ考えていると産む前から神経質になるので、自分の場合はそれで良かったです。
陣痛は想像以上に痛くて痛くて大変でした。

2人目の出産は無痛分娩を選びましたが、なんと早くに陣痛がきてしまい普通分娩になってしまいました。
せっかく前日から入院をして色々説明を受けていたのですが全て水の泡になりました。
陣痛はやはり痛かったですが、赤ちゃんの顔を見たら全て吹き飛びました。

今では普通分娩で産んで良かったと思います。
残念なのは旦那さんが生まれる瞬間を見ることことが出来なかったことです。
予定より4時間ほど早く陣痛がきたので家族は誰も出産に立ち会えませんでした。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。