一人目の出産で14時間程度でした。

妊娠中は特に食事に気を付けていた訳ではなく、普段と変わらない感じで食べていました。

食事が安産につながったかは分かりませんが、つわりの時は好きなものばっかり食べていて消化不良になってしまい大変な思いをしました。それをきっかけにつわりの時はできるだけ消化の良いものを食べるように心がけました。ほとんど病人食に近いんですが、うどんやおかゆ、おじやなど味付けを少しずつ変えて飽きないようにしていました。

つわりが終わると食欲が出てくるので今まで食べれなかったものを食べようとして詰め込んだ結果、今度は食後苦しくて動けなくなってしまいました。

そんな事があったのでそれ以降は一回の食事の量を減らして食事の回数を増やして食べるようにしたら無理なくいろんなものを食べれるようになりました。
私にはそのやり方があっていたように思います。

出産は初めてという事もあって14時間ほどかかりましたが、特に大きな問題もなく普通分娩で出産しました。

私の場合はちょうど予定日ぴったりの出産で、前日の夜中から陣痛が始まり病院についてから助産師さんがみるところでは細身の体つきなので出産が早いかもしれないと言われ出産の準備のため慌ただしく着替えや点滴などをされベットに横になって陣痛と闘っていました。

主人は私が痛がっている姿をみていられないので最初から立ち会いではなく、一人で分娩室に入る事は事前に決めていたので私を病院へ送り届けると頑張ってと言い残して帰っていきました。

それからだんだんと陣痛が強まってきたので朝には産まれるかもしれないねと助産師さんに言われたので、必死に痛みに耐えながらいたところ陣痛が遠のいてしまい、結局お昼頃また陣痛が激しくなってきてそこから2時間ほど経ってようやく分娩台にあがれました。

呼吸をするのもやっとの痛みで助産師さんに励まされながら3回いきんだ後、赤ちゃんと対面する事ができました。
初めての出産時間にしては平均らしいですが、ものすごく長く濃い時間の出産体験でした。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。