マタニティヨガというのは、ヨガのポーズや動き、呼吸法などを
取り入れることでマタニティライフの健康やリラックス効果を
高めるために行うものです。

ヨガとは古代インドから生まれた修行が発祥と言われています。
マタニティヨガは、筋肉をほぐしたり、骨盤に開きを促すなど
身体への効果が全面にアピールされていますが、
ヨガには瞑想という精神面の修行もあるんです。

マタニティヨガにも瞑想を取り入れるのは、
ママのメンタルを整えて、お腹の中の赤ちゃんにも良い影響があります。

マタニティヨガ・瞑想のメリット

瞑想とは、心を平静にして頭の中の雑念を取り払います。
マタニティヨガで瞑想をすることのメリットは、
不安定になりがちなメンタルを整える効果なんです。

妊娠中は些細なことが不安に感じたりしますね。

体重の増加、お腹の中の赤ちゃんの成長など、
マタニティ本に書いていあることと違ったりすると
初めての妊娠に時にはとても不安になってしまったり。
少なからず経験することなんですよね。

そのような不安を感じると、心拍数が上がったり、
血圧に変動があったりと、身体にも反映されてしまいます。
お腹の赤ちゃんにもあまり良いとは言えない環境です。

マタニティヨガは、身体のためだけに行うのではなく、
瞑想することで心のケアにも役立つんです。

マタニティヨガ・瞑想の方法

瞑想の方法は、マタニティヨガに限らず共通しています。
まずは静かな空間を作ります。
リラックス効果のあるヒーリング音楽などを流してもいいでしょう。

基本の姿勢はあぐらで座ります。
膝を大きく開き、背筋をまっすぐにして静かに座りましょう。

膝の上に両手を置き手の平を上にして親指と人差し指で円を作り、
静かに呼吸をします。

瞑想をすることに慣れていないと、意識を集中することや
リラックスして雑念を取り払うことは簡単ではないでしょう。

目を閉じて、左右対称を感じながら
ヨガの呼吸を静かに続けているだけでも、心が静まります。

マタニティヨガで瞑想をおすすめするのは、
お腹の中の赤ちゃんを感じる時間を作ることで、
心と身体の準備を整える効果があるからです。

静かな空間に身を任せてみると、お母さんと赤ちゃんの繋がりを
感じることができるのではないでしょうか。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。