私は一人目の子どもを妊娠している時に、食生活にはとにかく気をつけていました。

妊娠する前まではお酒も飲んでいましたし、脂っこいものやお菓子も大好きで、かなり乱れた食生活を送っていました。

妊娠してからはジャンクフードを封印

しかし、子どもを妊娠してからは、お酒は絶対に飲まず、脂っこい食事も控え、スナック菓子やチョコレートなども食べず、カップ麺も一切食べませんでした。

そしてその代わりに、毎日ヨーグルトや納豆、青汁などの体に良いものを多く摂取するようにしました。

すると、軽いツワリはあったものの、妊娠する前よりも体調が良くなり、そのことでお腹の中にいる赤ちゃんにも良い影響がいっていると思えて、とても明るい気持ちで毎日を過ごすことができました。

また、ツワリがおさまり安定期に入ってからは、よく散歩に出かけるようにしていました。

安定期からは散歩を日課にするように

最初は近所のスーパーに買い物に行く程度だったのですが、荷物がそれほど重くない時は少し遠回りをしてみたり、休みの日はバスや電車に乗ってちょっと遠くに行ってみたりもしていました。

けれど、安定期に入ってすぐ位はまだ結構歩けたのですが、段々と臨月に近付いてくるにつれてお腹も大きくなっていき、自分を支えるのもきつくなってくると、長時間歩くのはとても辛くなってきました。

それでも、予定日には出産できるようにと、そしてお腹の中の赤ちゃんのためにもと思い、少し歩いては休んでを繰り返しながら運動をしていました。

けれど、8ヶ月、9ヶ月目あたりから、歩いていると足がつったり、椅子に座っているだけでも浮腫がひどくなって、かなり辛かったことを覚えています。

臨月近くになると、浮腫にひどく悩まされました

自分が飲み物を飲んだ分よりも出る尿の量はとても少なく、とにかく酷い浮腫に悩まされました。

それでも我が子の為と思い、毎日きちんとした食生活を送っていました。

すると、産まれる数週間前あたりから突然浮腫がなくなり、とても楽になりました。

お腹はとにかく重く、家の中を動くことがやっとだったのですが、予定日が近付いてきても陣痛が始まる気配が全くなかったので、思い切ってスクワットをすることにしました。

すると、予定日の前々日に陣痛が始まり、予定日の1日前に無事出産することができました。

妊娠中は、精神的にも肉体的にも色々と苦労をしましたが、無事出産できたことで全て報われました。

今では全て良い思い出となり、本当に頑張って良かったと思っています。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。