繋留流産を2度経験してから、やっと授かったので、主人と2人で、凄く慎重に日々を過ごしていました。

年齢的にも37歳で妊娠し、出産時は38歳になるので高齢出産になる為、本当に不安もあったので、妊娠5カ月の帯祝いの時に、しっかりと安産祈願をしてきました。

また2度の繋留流産をした時の経験を踏まえて、お腹を冷やさないように、夏場でもあまり薄着はしないし、寝る時は腹巻をして寝ていました。

妊娠5カ月を過ぎる頃から、胎児は耳が聞こえるようになると、ネットなどで知っていたので、胎教として読み聞かせを始めました。

絵本読み聞かせの胎教

1日3~5分程度で読み切れる童話などを、主人に毎晩寝る前に読んで貰っていました。

最初の内は、そんなに反応が無かったのですが、1ヵ月を過ぎた頃から読み聞かせを始めると、お腹を蹴るようになりました。

そうやって胎動があることで、お腹の中で赤ちゃんがしっかり生きていることが分かり、非常に妊娠中も勇気づけられました。

安定期に入ってからは、なるべく歩くようにしましたが、元々起立性貧血を持っているので、あまり長い時間歩いたり、経っているのが辛くなるので、鉄分補給のサプリメントを飲んでいました。

妊娠8ヶ月をすぎて妊婦帯をつけるように

そして妊娠8カ月が過ぎた頃には、だいぶお腹が大きく成りだしてきたので、妊婦帯を付けるようになりました。

最初の時は、あまり効果が実感できませんでしたが、お腹が大きくなると、妊婦帯の良さが分かり、付けている方が凄く楽だと実感出来ました。

実際、出産までの間に、出掛ける時は必ず妊婦帯は付けていました。

予定日が6月1日だったので、春先からだいぶ暑くなってきましたが、極力冷たい飲み物は控えて、体を冷やさないようにしていました。

また甘いものなども、なるべく取らないようにして、体重管理も徹底しました。

結局体重は、妊娠中もあまり増えることなく、医師からも褒められました。
でも、やはりたまに甘いモノが食べたくなるので、ストレスにならない程度に、糖質の低いお菓子などを、少量ずつ食べていました。

そして妊娠9カ月の頃に、もう大丈夫だろうと思い、ベビーベッド、チャイルドシート、抱っこ紐などの高額品を、、一気に買い集めました。

本当はもっと早くから買いたかったのですが、また流産したら・・・と、怖くて買えなかったのです。

あとは出産に必要な細かな物は、赤ちゃん用品を販売しているお店にある、パンフレットなどをみたり、本を買って集めました。

そして予定日より7日ズレでしたが、無事女児を産むことが出来ました。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。