一人目の妊娠8ヶ月の頃に、「妊娠性糖尿病」と診断されました。

ずっと検診で「問題ない」と言われていたのに、突然言われてビックリ。
自分の食べ方がいけなかったのかも、と反省しました。

「妊娠性糖尿病になると、赤ちゃんが巨大児になって、最悪、帝王切開になる」
そう先生に言われ、ますます不安が募るばかり。

ただ、不安になっていても状況は改善されません。
夫と二人で、栄養士さんから栄養指導を受けました。

妊娠性糖尿病と診断され、栄養指導を受けた

1日の摂取カロリーを1600キロカロリーにおさえること。
80キロカロリーを1単位と考え、1日20単位をバランスよくとること。
そう指導がありました。
バランスとは、6つの基礎栄養群からそれぞれ偏りなくとるという意味でした。

そのために、まずは食べたものの記録をつけるように言われました。
つけてみると、乳製品が多すぎる、野菜が足りないなど、偏りがすぐにわかります。

80キロカロリーの食べ物や材料に何があるか本で調べ、それを組み合わせて献立を考えました。
それまで栄養には関心がなかった私が、初めてここまで栄養について考えました。

他にあまり制限がなかったことは幸いでした。
あまりに厳しい食事制限があっては、ストレスがたまってしまいます。
お菓子が禁止されていたわけではありませんでしたが、自主的に控えました。

出産まで栄養管理は続き、我ながら真面目に教えを守りました。
自分のためではなく、赤ちゃんのためにこれだけはやりとげたいと、初めて思いました。

栄養管理を真面目にやり、無事出産

そして出産。
巨大児になることを心配していた赤ちゃんの体重は、生まれてみれば3500g。
破水から1時間で生まれるという自然分娩、それもかなりの安産でした。
結果的には、出産までの栄養管理が、安産につながったのかもしれません。

妊娠性糖尿病は一時的なもので、その後の健康診断で血糖値は正常の範囲内です。
でも、なりやすい体だということはわかりました。
今でも献立を考える時に、それぞれの栄養群からバランスよく選んで組み立てるよう心がけています。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。