マタニティ時期に行った10つのこと

カフェインをなるべくとらない

流産や早産、カルシウムや鉄分などの栄養素を摂取しにくくなるということでなるべくカフェインが入っている飲み物はとらないようい気をつけました。赤ちゃん用品が売っているお店にカフェインレスの紅茶やカフェオレ等が売っていたのでそれを代用していました。また、普段飲まないルイボスティーや麦茶なども飲むようになりました。

野菜をなるべく取るよう意識

なるべくたくさん野菜から栄養がとれるよう和食にすることが増えました。

葉酸を推奨量摂取する

妊娠1ヶ月前から葉酸サプリメントを摂取するようになりました。それ以外にも乳飲料で鉄分がプラスされているものやプルーンを食べるようにしています。

ヨーグルトを毎日食べる

妊娠中に乳酸菌を摂取すると取らない子に比べてアレルギーに強くなると聞いたことがあったので、毎日ヨーグルトを食べるようになりました。また、便秘になりやすいのでその対策も兼ねて食べています。

音楽CDのお試しとレンタル

6ヶ月頃から聴覚が発達してくるということでディズニーのお試しCDを応募しました。生まれてから一緒に歌って教えてあげれるように日本語の童謡の歌と英語の歌のCDもレンタルして今頑張って覚えています。

名前決め

近所の図書館へ行って名前の事典を借りて考えています。画数、音や字のイメージからといろんな付け方があり、かなり苦戦しています。

戌の日のお参り

つわりが落ち着いてきた6ヶ月頃に少し遅れて戌の日に安産祈願をしに行きました。

ウォーキング

体重管理や赤ちゃんに酸素をたくさん送ってあげれるように主人と近所や近くの公園をウォーキングをするようにしています。

安産教室、助産師外来に参加

初めての出産でわからないことだらけなので、病院や市役所で開催されている安産教室や所産師外来に出席しました。赤ちゃんの成長や妊娠中の生活面の指導を受けました。たくさんの妊婦さんが一度に集まるので、みんな自分と一緒で今から出産に挑んでいくんだなと思うとなんだか少し心強く思えました。

有給を使って早めに産前休暇に入る

産前休暇に有給休暇を足して早めに休みを取りました。会社で仕事に対する不満をぶつけてくる同僚にストレスを感じるので、胎教に良くないと割り切って早めに休みを取りました。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。