妊娠時にやれたことは、ほかの人に比べれば少ないほうだと思います。
なぜなら、とにかく初期からつわりがきつくて動けなかったから。そのため、仕事も辞めることになってしまいました。
やっとつわりが落ち着いたなあと思ったら今度は貧血でふらふらになり、一人ではろくに外出もできない日々になってしまいました。

安産祈願のご祈祷をしてやっと安心した

そんな中赤ちゃんのためにまずやれたことっていうと、安産祈願です。
5か月の戌の日にするのが一般的ですが、私は5か月というとまだまだつわりの真っただ中で、ご祈祷中座っていられるなんてとても思えませんでしたので、6か月に入ってから。

やっと車に乗って外出しても短時間なら大丈夫、と思えてからでした。

母方の親戚に初産で悲しいことになってしまった人が多かったので、おなかの子が天使になりはしないかとすごく不安だったこともあり、なかなか初期の段階で妊娠した~とはしゃぐことはできなかったです。

胎動が感じられるようになってようやく、ああ、この子は生まれてくるんだなって実感したくらいです。

結婚式も神社であげたので、同じ神社に夫婦二人でお参りして、安産祈願のご祈祷をしてもらいました。
パパはもっと気が早くて、つわりが出た瞬間ぐらいに一人で神社に行ってお守りを買ってきていました。

たまごクラブは何冊も読み込みました

安産祈願をしてもらったり、胎動がはっきり感じられて安心したのか、7か月ごろにはベビー用品を見に行ったり、マタニティ雑誌を読む余裕が出てきました。

定番ですけどたまごクラブは何冊か買いました。何度検診に行っても性別がはっきりわからないので、名前は男の子用、女の子用の二つを考えて、姓名判断で見てもらいました。

名前付けの主導権はパパが持っています。パパが納得する名前を付けたほうがいいかなというのと、私はもう、考えがきちんとまとまらなくて、無事に生まれてくればどんな名前でもいいや、ぐらいの感覚になっちゃったので、これはパパがつけたほうがいい名前になるなとおもったので。

妊娠中って、もっと穏やかで幸せなものだと思ってましたが、マイナートラブル続きで大変なことばかり。

生まれてみれば別の苦労もあるのだけれど、子供のためとはいえ、自分の思うとおりにならず、つらいことが多い日々でした。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。