マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠6 ヶ月〜妊娠 10ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:カルチャーセンター

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

二度目の、少し年数の開いた出産で 高齢出産になるので少しでも運動できればと考えていました。

一人目の出産が帝王切開で、二人目は自然分娩を希望していましたので、少しでも出産のリスクをなくすよう、運動や食事に気をつけていました。

マタニティヨガとマタニティスイミングを検討しました。
スポーツジムのマタニティスイミングを見学もしましたが、通いやすさやリスクの少なさなどを考慮してマタニティヨガを選びました。

最寄り駅から一駅で、駅から近いカルチャーセンターでアクセスが良かったです。

講師はとても明るい女性の先生で、ヨガのことも出産のこともとても詳しかったです。
毎回十人余りの妊婦さんがいて、その日の体調、心配なことなどシェアする時間などもありよかったです。

私はとても体がかたく、受講生の中でいちばん体がかたかったのではないかと思われます。
やっているうちに少しずつ柔らかくなっていき、できなかったポーズができるようになってきました。

先生のご指導と励ましが大きかったです。

とてもポジティブな先生なので、毎回元気をもらいに行っていました。
行くまでは「ちょっと体調がすぐれないな」「なんとなく気分が乗らないな」と思うことも
何度かありましたが、思い切って行ってみると元気になって行ってよかった!と思えるヨガ教室でした。

週に一度の教室がとても楽しみで、教室の日が待ち遠しかったです。

マタニティヨガをやっていたおかげで、マイナートラブルもなく健康的なマタニティ生活を送ることが出来ました。
経過が良かったので病院からVBAC(帝王切開後の経膣分娩)の許可も下りました。

出産の時の姿勢や呼吸の仕方なども毎回やっていたので、いざ出産という時も 冷静に思い出して臨むことができました。

マタニティヨガでヨガの楽しさを知り、その後もヨガを続けています。
いくつになっても続けられるのがヨガの良いところです。
おばあちゃんになっても続けていきたいです。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。