マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠 5ヶ月〜妊娠9ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:仙台駅前 シュリーヨーガのマタニティクラス

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

私が通っていたマタニティクラスでは、「出産に必要な筋力をつけること」「メンタル面で母親になる準備をすること」が目標として掲げられていました。

入会した時は体が硬かったのですが、出産に向けて関節がどんどん柔らかくなっていくのを実感できました。

出産に向けて下半身の筋力を鍛えるだけでなく、産後におっぱいがよく出るよう、脇や肩回りのマッサージも取り込まれていました。

特に参考になったのは、腹式呼吸でした。よくある「ヒーヒーフー」の呼吸ではなく、陣痛に合わせて行う「腹式呼吸」と、赤ちゃんが出てきていきみを辞めたときにする「短息呼吸」という短い腹式呼吸を教わりました。

実際の出産時には、助産婦さんからお腹に酸素を送るようにと言われます。
呼吸のポイントがわかっているだけでも、陣痛の中でパニックにならずに済みました。

クラスでは、骨盤底筋という箇所を鍛えるポーズが多かったです。
骨盤底筋を鍛えておくと、出産時に陣痛に合わせてコントロールできるようになり、出産が楽になるとのことでした。
自宅で安全にできるポーズも教えてもらえるので、里帰りでクラスを離れた後も家で行うようにしていました。

生徒さんは、安定期に入った頃の人から、いつ陣痛が来てもおかしくないという臨月の人もいました。
お互いに情報交換をしたり、お腹の出具合や悩みを共有したり、毎週変化があって通うのが楽しかったです。

出産報告も入ってくるので、その度に明るい気分になり、数か月後の自分のシミュレーションにもなりました。

また、マタニティヨガのクラスでは、お腹の赤ちゃんに話しかける「瞑想」の時間がありました。

お腹の赤ちゃんに感謝をしたり、出産に対する不安を整理したり、短い時間ですが頭の中がとてもスッキリしました。

心身共にゆったりとヨガに取り組めたおかげで、出産は陣痛時間は7時間と短くもなかったのですが、分娩の時間は30分程度で、お医者様にも「もっと時間がかかるかと思ったけど早かったね。安産だ。」と褒めてもらえました。

陣痛でどうしても力みたくなってしまいますが、ヨガで教わった「赤ちゃんが出てくる手助けをしている」という心構えで、ゆったりと呼吸を行っていたのが良かったようです。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。