マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠 8ヶ月〜妊娠 10ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:通っていた産婦人科での教室

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠8ヶ月ごろからマタニティヨガに通っていました。
妊娠中、むくみが激しくて足がパンパンに腫れ上がり、スネを押すとなかなか戻らないという感じでした。
ウオーキングなどの運動ができればいいのですが、8ヶ月になる前から子宮口が開いてきており運動は控えるようにとのことでした。

そんなときに、通っていた産婦人科でヨガ教室を開いているので参加しないか?と、声をかけていただきました。
ヨガを教えてくれるのは、そこの産婦人科の女医さんなので安心して通えました。

はじめは、お腹のはりなどの様子をみながらストレッチからのスタートです。
8ヶ月のお腹はかなり大きくなっているので、仰向けで寝転んで伸びをするだけでもかなりの運動になります。
慣れてくると、伸びだけでなく両足を開いて体を倒したり、本格的なヨガという動きもしていきました。

妊婦がこんな動きをしてもいいのか?
という心配もあったのですが、先生がついているので安心してヨガに専念することができてよかったと思います。

私の場合は、体重増加が10キロ近くあったのと、むくみ改善のためにヨガを行っていたのですが、
2ヶ月弱しか行っていなかったため、体重が減ることはありませんでしたが、むくみはすごく楽になりました。
ヨガの時間が終わるといつも、体がスッキリとして軽くなり、気分がよかったです。

特に、毎回一番最後に二人ペアで思いっきり首を引っ張ってのばすのですが、これが、こんなに引っ張ってもいいの?というぐらい首を伸ばしてくれました。
最初は怖かったのですが、全身の力が抜ける感じで首を伸ばしたあとは、思いっきりリラックスができるのです。

私の一番の楽しみでした。

実際にヨガに通っていたせいなのかはわかりませんが、出産の時には、陣痛がきたかな?と、思って病院に行き、その数十分後に破水し、一時間後には無事に出産していました。

陣痛の痛みはかなりありましたが、一人目の出産で二時間弱というのは、かなり安産だったのではないかな?と思います。

安産のためだけでなく、妊娠時のリラックスやリフレッシュになったことが、ヨガに通って一番よかったことだな。と思っています。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。