マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠9ヶ月
参考にした本・DVD・教室名:出産希望の産院に併設されているサロンでマタニティヨガを行いました。

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

出産希望の産院に併設されているサロンでは、ピラティスやヨガ、バランスボール、ベビーマッサージなど様々なカリキュラムが曜日ごとに行われていました。

産院から三回無料券をもらっていたので、産休に入ってから時間ができたこともあり、マタニティヨガを受けることにしました。

当日まで、参加者が私一人だったらどうしようと不安があったのですが、二人でのカリキュラムとなりました。

サロンに行くと、サロンのシステムの説明や着替えの場所や貴重品の管理方法など丁寧に教えていただきました。また、人数分のヨガマットが敷いて準備されていました。

まず、先生から出欠の確認があり、簡単な自己紹介をしました。そして現在のからだの不調や出産に対する悩みなどを聞かれ、それに対する経験談などをざっくばらんにお話ししました。

基本的な呼吸の方法から、からだの悩みにあったヨガの形など教わりました。

もともとからだが硬い方で、普段運動もろくにしていなかった私ですが、無理をしない程度に体を動かすことができました。

肩慣らしに、あぐらをかいたままで、首を動かしたり、手首や腕を動かしたり。そのとき呼吸を意識するように教わりました。

出産のときも呼吸の仕方が大事になってくるからということで、常に呼吸を意識した動きをしました。

からだがほぐれてきたところで、全身を使ったヨガの形を教わり、ゆっくり呼吸をしながらからだを伸ばしていきました。

私はからだが硬かったので、途中キツイ体勢の時もありましたが、先生は優しく指導してくださいました。

途中からヨガブロックを使いながらの動きも交えながら行いました。ブロックを使うヨガはメディアなどでも見ることがなかったので、新鮮でした。

カリキュラムが終わったあとは、大きく運動したわけでもないのに、体が熱くなり、激しく動いたあとのような血の巡りを感じました。

約90分のカリキュラムで、最初の10分はお話をして、最後の10分は、ゆっくりリラックスするようにと、ヨガマットの上で寝て落ち着くように指導されました。

始めてのヨガでしたが、とても充実した時間を過ごすことができました。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。