マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠5ヶ月〜妊娠8ヶ月頃

病院の母親学級で紹介されたマタニティヨガのクラスに参加していました。

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

病院の母親学級に参加していたところ、マタニティヨガのクラスを紹介されて友人と一緒に週に1度通っていました。妊娠中の体の変化にともなっておこりがちな、腰痛やむくみといった体の不快な症状や、ホルモンの変化による心の不安や出産に対する恐れを解消してリラックス効果を期待できるということでした。また出産に向けての体づくりができるということでした。

妊娠する前にスポーツジムでヨガのクラスに出ていましたが、やはりそれとは全く違う、ゆるやかな動きやポーズがほとんどでした。パワーヨガなどハードなヨガをしていた私には少し物足りない気がしましたが、妊娠中スポーツをすることがなかったので、少しでも体を動かすのが気持ちよかったです。呼吸法を練習することによって陣痛や出産中の呼吸も楽にでき、出産も楽になるというお話でした。

私は出産に対しての恐怖感が大きかったのでそれを少しでもなくすことができるといいな、と思っていました。深い呼吸をすることでリラックスできたり、気持ちも前向きになるような気がしました。

またどんどんお腹が大きくなってくると、呼吸が浅くなったり、寝ているときの体勢が苦しくなったり、足がつったりと色々な不調が出てきたのですが、教えてもらった楽なポーズや呼吸法で乗り切ることが出来ました。結局私の場合は、胎児が逆子であるということが判明し、お灸やマッサージで位置を直すのを何度か試みたのですが、臨月が近づくまで逆子がなおらなかったので、帝王切開での出産でした。

なので陣痛中や出産時にマタニティヨガがどれくらい役に立ったかがわからないままでしたが、週に一度妊婦仲間と集ってレッスンを受けた後におしゃべりしたり、クラスで新たにお友達ができたり、自分よりも先に出産予定の方のアドバイスが色々聞けたりと、クラスに行くことによって付随する人間関係がありがたかったです。

妊娠中は動くのや出かけるのがめんどくさくなって運動不足になりがちだったり、色々考えすぎてしまって落ち込んでしまったこともありましたが、マタニティヨガで体も心も乗り切れた気がします。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。