マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠7ヶ月〜妊娠9ヶ月頃
教室名:横浜市南区マタニティーヨガ

2. マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠して安定期に入ると健康ならば体を動かした方がいいと言われます。私は区の情報誌で区が主催しているマタニティーヨガがあると知ったので申し込んでみました。

このマタニティーヨガは区が行っているので格安でした。区のケアプラザで現役の助産師が教えてくれる教室でしたが、1回1時間45分、全5回で1500円という格安価格でした。現役助産師が教えてくれるクラスはあまりないそうなのでとても魅力的でした。

内容はストレッチを含むヨガ45分くらい、助産師からの妊娠中の過ごし方や出産時の注意点やコツなどの話1時間くらいでした。
ヨガでは妊娠中は腰痛が起こりやすいので腰痛を和らげるポーズや、骨盤回りを鍛え整えるポーズ、出産の時にお勧めのポーズなど、妊娠出産を意識したポーズを中心に教えてくれました。助産師が教えてくれるので体調がよくない、違和感があるなどといったときはすぐに対応してくれるし相談しやすかったのでよかったです。

5回のレッスンがまとめられている1枚の紙に、毎回内容や感想を紙書いて最後に母子手帳に貼るので、教室が終わった後も忘れることなく家で実践することができました。妊娠後期、腰が痛い時にヨガのポーズをするととても楽になりました。

この教室でのレッスンは出産にとても役立ちました。経験豊富な助産師が出産時のことを毎回教えてくれるので、初めての出産でも何となく想像できていてパニックになることがありませんでした。陣痛がきたら痛みを逃がすように息を吐く、いきむときは骨盤を前傾にしていきむなど、出産中に言われたら耳に入らないことも事前に教えてもらっていたので落ち着いて出産にのぞむことができました。

おかげで私は初産にも関わらず3時間という超安産でした。ヨガで骨盤回りを鍛えていたこと、出産時のポーズを練習していたことも大きな原因だと思います。
私には必要ありませんでしたが、陣痛からなかなか出産に至らない人はその時に効果的なポーズも教えてもらっていたのできっと役に立ったはずです。

このヨガ教室に通ったおかげで妊娠中はずっと順調に過ごせ、出産は安産でいいことばかりでした。また、ヨガ教室の募集は区内の出産時期が同じくらいの人が対象だったので、妊娠出産の悩みを相談したり、出産後も子育ての悩みを相談したりとママ友作りにもなって本当によかったです。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。