マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠 6ヶ月〜妊娠 10ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:東府中病院のマタニティヨガ

2. マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

当時妊娠6ヶ月にして、体重が増えすぎてしまい、お医者さんに注意をうけてしまいました。

そこで、その産院で行われているマタニティビクスを紹介されました。

エアロビクス・フラダンス・ヨガのクラスがあり、私は初めての妊娠で、妊娠中に活発に動くことに抵抗があったため、ヨガを選びました。

ヨガは、妊娠前にも少しやったことがあったのですが、当時通った教室は本格的過ぎてついて行けずに、すぐにやめてしまいました。

今回のマタニティヨガは、産院の地下のスタジオで行われています。だいたい1クラス10人位で実施されます(1人しか居なくても実施されます)。

毎レッスンの開始前と後に、それぞれメディカルチェックをします。
メディカルチェックの内容は体重・血圧の測定と、助産師さんによる心拍確認です。心配事の相談などもできます。

メディカルチェックが終わると、レッスン開始です。

まずは、手足をマッサージするようにほぐしていくところから始まります。

緩やかなBGMと、先生のやさしい言葉で、とてもリラックスできます。

身体がほぐれてきたら、ポーズに入ります。
どのポーズも、あまり難しくなく、妊婦にやさしいポーズばかりでした。

先生も、参加者の妊娠週数に合わせて、指導してくださいます。
(「35週未満の方はこうしてください、それ以上の方はもっとやってみましょう」など)

先生によると、お産もヨガも、「呼吸」が重要とのことでした。正しい呼吸法で、身体をリラックスさせることで、良いお産になるといいます。

私は元々身体が固く、妊娠前でも長座体前屈で足をつかめないくらいでしたが、その話を聞いて、ポーズを完成させることより、呼吸を止めずにリラックスする事を大事に取り組みました。

ヨガには、予定日ギリギリまで、週2回通いました。
体重の増加も、それ以降食べ物に気をつけることと平行し、抑える事ができました。

出産は、ヨガで習ったとおり、とにかく「呼吸」を意識し、意識させるため、最終的には「ふー!」っと声に出しながら呼吸をしていました。

レッスンでは、お産の時の身体の使い方(いきみ方など)も教えてくれたので、陣痛中はヨガで習ったことをずっと思い返して実践していました。

おかげで、助産師さんやドクターからは、「上手上手!」と褒めてもらえました。

出産は、陣痛が10分間隔になってから、12時間後でした。

時間としては短くないですが、大きなトラブルもなく、良いお産になったと思います。

ヨガに行かずに、1人だけで運動していたら、きっと呼吸を意識すること、リラックスすることをここまで意識することは出来なかったと思います。

マタニティヨガに、通って良かった点としては、

定期的に運動するきっかけになったこと。

毎回の心拍チェックで、赤ちゃんの元気を確認できたこと。

出産時に、どうしてよいかわからず、パニックにならずに済んだこと。

です。

もし次妊娠したときも、マタニティヨガに通いたいとおもいます。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。