マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠7ヶ月〜妊娠8ヶ月頃
教室名:愛育病院

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

マタニティヨガの体験談

通っていた産婦人科に分娩施設がなかったので、緊急分娩となった時のために愛育病院に妊婦登録をしました。愛育病院(広尾)は、通院している人と、登録をしている人が行けるということで、マタニティヨガに行ってみました。

通院している病院から、マタニティヨガ可能を証明する紙をもらい、電話で申し込みしました。申し込みした、火曜日朝10時からのリラックスヨガに加えて、他にも産後骨盤矯正等がありました。

レッスンは1回につき1500円のチケット制です。また、マンスリーチケットというチケットを購入すると1月何回でもレッスンを受けていいようです。マンスリーチケットは11880円です。

レッスンは初めに受付を済ませて、料金を支払い、看護師さんにお腹の心音を聞いてもらって体調の確認をしてから始まります。問題ない場合はレッスンルームに入れます。

妊娠後期に入ってくるので、リラックス中心のヨガを教えていただきました。リラックスできる瞑想や呼吸方法、筋肉をほぐすポーズや血流を良くするポーズはお家に帰ってからもできるような簡単なものでした。もちろん安全に細心の配慮をしてくださっていました。

特に今でも続けているのが、”ゴキブリ”のポーズと座って骨板の位置を直せる運動です。”ゴキブリ”のポーズは、ただ寝転がり、足と手を上にあげてバタバタと動かすものです。

骨盤の位置を直す運動は、床に座り、両足を伸ばして倒れないように後ろに手をついた状態で、両足の力を抜きながら足全体をぶらぶらと動かすというものです。足の付け根を意識しながら動かすことで骨盤の位置が正しい位置に戻るそうです。

最後に参加されていた方についてですが、場所柄、所謂セレブの奥様の参加が多いように思いました。この世界を垣間見れただけでも(?)このレッスンに行ってみた甲斐があります。

病院が広尾駅から坂を登っていくということもあり、お腹が重くて歩くのがしんどくなってきたので、一度の参加でレッスンに行くのをやめてしまいましたが、マタニティライフ中の印象的な思い出となりました。

妊娠中はなかなかしんどかったりして、家に引きこもりがちになりますが、子供が生まれてからは、最低限の安全等確保してですが、様々な体験をしておいてよかったと思っています。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。