マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠 7ヶ月〜妊娠 9ヶ月頃
参考にしたもの 特になし

2. マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

荻窪に住んでいた頃に、区報を見て応募したのが、荻窪体育館でやっていたマタニティヨガでした。
全10回のコースで、週一回、土曜日に一時間、外部からヨガの専門の先生を呼んでマタニティヨガの講座を開いておりました。
参加費が、10回分で8000円だったと記憶しております。

実際に参加してみて、ヨガの基本となる姿勢や深い呼吸の仕方などを教わりました。
おそらく、ヨガに参加していなかったらここまで身体を動かさないだろうというくらい、ゆっくりではありますが極限まで身体を動かしました。
例えば、猫のポーズというのがあるのですが、お腹が大きいと思うように出来ず、おっかなびっくり伸ばしてしまいますが、先生は、「もっとお尻を高く上げて、腕を伸ばして」とアドバイスくださり、妊娠中でもここまで身体を動かして良いのだと、とても参考になりました。

出産時の呼吸方法も教わりました。陣痛で痛みが強くなると、どうしても浅くて早い呼吸になりがちなのですが、痛いときにこそ、深くゆっくり呼吸をして、赤ちゃんに酸素を送ってあげなければならないことを教えていただきました。実際、出産したときはそれどころではありませんでしたが、頭の片隅に意識はできていたと、思います。
膣の周りの筋肉の締め方も教えていただきました。

妊娠中から日課として膣の周りの筋肉を締めるようにすると、尿漏れの防止になるだけでなく、切迫早産の防止、産後の伸びきった筋肉の戻りが早くなるなど、良いことばかりだと教えていただきました。これは、教えていただいてから、毎日はできませんでしたが、気づいたときには膣を締める運動をこまめにやっておりました。
実際の出産は、いきみかたも、助産師さんにうまいと言われたので、マタニティヨガで教えていただいたことが役に立っていたのかなと思います。
産後もすぐに元の体型に戻りました。膣を締める運動をこまめにやっていたことも関係しているのか分かりませんが、産後、なかなか体型が戻らないという話はよく聞くので、すぐに戻ってくれたのは良かったです。
今でも、ヨガのポーズを覚えており、リラックスしたいときにポーズをとったりしております。
マタニティヨガで教えていただいたことは、妊娠中~出産後まで、とても役に立ちましたので、参加して本当に良かったと思っております。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。