マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠6ヶ月〜妊娠10ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:YOGA教室 パドミニ

2. マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

私が妊娠・出産したのは6年前です。当時住んでいた神奈川県藤沢市で、数少ないマタニティヨガコースのある、YOGA教室 パドミニに通っていました。

私は運動神経が悪く、ありとあらゆるスポーツが苦手でした。しかし、おなかの赤ちゃんのために頑張って運動しなくちゃと思ったので、一念発起してヨガ教室に参加することに決めました。

実際に通ってみると、通う前の気負いはなんだったのだといいたくなるくらい、手軽に参加できることがわかりました。
人数は少人数で、先生を囲んで和気あいあいとした雰囲気のマタニティヨガコースでした。
まず最初に、足の指を回してほぐすことから始めました。それからだんだん体を伸ばすような動きをしました。そのあとで猫のポーズといったヨガのポーズを取りました。一通りヨガのポーズをやったら、ごろんと寝そべってリラックスタイムをとりました。このリラックスタイムはとても心地よくて、いつもうとうと眠りかけていました。

先生は穏やかで、いつもニコニコしていました。わからないポーズがあれば、丁寧に教えてくれました。
ヨガ仲間もできて、とても楽しかったです。

手ごろにできる運動ですが、効果はあったようで、妊娠中体重の増減を産科医に指摘されたことは一度もありませんでした。
何か甘いものをたくさん食べたいという誘惑にかられた時も、ヨガで教わった深呼吸をすると、欲求を抑えることができました。

私にとって、ヨガで一番役に立ったのは、ポーズそのものや呼吸法よりも、自分をある程度客観的に見つめる能力がついたことでした。
陣痛が始まって分娩するまでの間、体の痛みだけにとらわれてしまうのではなく、「自分だけではなく、付き添いの家族や、何より生まれてくる赤ちゃんも大変な思いをしているんだ」と思うことができました。

いよいよ赤ちゃんを体の外に出すときも、痛みから意識をそらせていきむために、ヨガで培った集中力が役に立ちました。おかげで出産後、医師から「出産経験あるかと思った」と言われるほどスムーズな分娩ができました。

誰でも手軽にできて、今後の生活にも役に立つので、マタニティヨガをお勧めします。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。