マタニティヨガを行なった時期や参考にしたものを教えてください。

妊娠 7ヶ月〜妊娠 9ヶ月頃
教室名:癒しの奏音-kanon-

2. マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠7ヶ月ごろ、体が思うように動かないことでイライラが募りストレス解消したかったので、マタニティヨガの教室に通いました。
ネットで検索したところ助産師さんが行われているマタニティーヨガの教室が近くで開催されていることを知り、たまたま家からでも歩いて通える距離だったのでその教室に決めました。かかりつけの産婦人科医から切迫早産ぎみなのであまり無理はしないようにと言われていたため、家からも病院からも近かったのがありがたかったです。

初めて参加した時は、私の他に4人の生徒さんがいらっしゃいました。その後も何度か通いましたが、平日の昼間の開催だったので、だいたい4・5人程度の生徒さんでほとんどが初めての出産の方でした。妊娠前にスポーツクラブでヨガの教室に通っていたのですが、そのときと比べると、呼吸法をメインにして体に負荷を与えるようなポーズはほとんどありませんでした。ヨガのプログラムでは、とにかく呼吸法に気をつけること・妊娠で凝ってしまった体のあちこちを優しく伸ばすこと・下半身の関節(特に太もも周り)を柔らかくすること、を繰り返しました。

講師の先生は元助産師で、助産師時代・自身の出産の経験から「長丁場になる出産では、余分な力が抜く呼吸法と柔らかい股関節は大事」との思いに至り、出産の前から体が少しずつ呼吸法などを覚えていけるようにヨガのプログラムを組んだとのことでした。また、妊娠中はホルモンバランスの関係でどうしても気持ちが不安定になってしまうため、マタニティーヨガの教室を開くことで、助産師としての経験からアドバイスできたり、妊婦さん同士がおしゃべりできる場を作りたいと思っていたそうです。

教室は1回完結型で、生徒さんは1回だけ体験される方もいらっしゃいましたし、妊娠5ヶ月くらいから続けて通われている方もいらっしゃいました。ヨガの後は、教室隣のスペースで、近くの薬膳料理のお店で調理されたランチをゆっくりいただくことができ、同じ講師が開催しているベビーマッサージ教室の生徒さんもいらっしゃって、先輩ママの意見や可愛い赤ちゃんにも会うことができました。

何度かヨガを経験したおかげで、陣痛で痛みが強くなってきても呼吸法を思い出して実践することができたので、マタニティーヨガに効果はあったと思います。痛いとついつい呼吸が止まりがちになるのでマタニティヨガなどを利用して呼吸法はしっかり練習して体に叩き込むことが必要だと思います。股関節を柔らかくするのは家で毎日ストレッチなどを行なっていたらもっと楽だったのかな・もっとスムーズに出産できたのかなと、今更ながら反省しています。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。