妊娠9ヶ月〜妊娠10ヶ月頃(現在)
参考にした本・DVD・教室名:シュリーヨガ(スタジオ)

シュリーヨガ(スタジオ)と出産の体験談をお聞かせ下さい。

現在妊娠10か月でマタニティヨガに通っています。以前、妊娠していないときに同じスタジオに4回程度通っていました。家から車で15分くらいのところにあるヨガスタジオで毎週金曜日の10時半から12時までで通っています。

マタニティヨガというと平日の日中のクラスが多く、いつもはフルタイムで仕事をしていたので、産休に入った9か月から始めました。イメージとしては、もっと初めの方の人が多いと思っていましたが、実際行ってみると出産予定日の方、臨月の方等出産を間近に控えた方が多いのに驚きました。

また、一時間半という長い時間持つかどうか不安でしたが、始まりにマタニティクラスに通っていて出産された方の報告やメールの紹介等があり、その日のそれぞれの体調を確認してからスタートします。1時間半ずっとヨガをしているわけでなく、合間にこのポーズはどういう時に役立つ、呼吸法はこういう時に役立つといった説明も入るので身体がしんどいということはありませんでした。

ヨガの前後に、受講している生徒さんたちと情報交換できたり、お話しする時間もあるので、特に臨月で出産が迫ってきた不安や恐怖があるときに良い気晴らしになります。

初めていった時は、あまり激しい動きをしたわけでもないのに筋肉痛になりました。普段つかっていないけれどお産の時に必要な筋肉を動かせているので、家でも気づいたときにやってみたりしています。2回目は筋肉痛にもならず、お産で大事だという足周りの筋肉や骨格がリセットできることによって、1回目よりも足の開き具合が良くなっていました。

そして何よりもマタニティヨガの効果として良いのが精神が安定するところです、呼吸法や瞑想を通して、体の中の悪いもの、ネガティブな思いを呼吸と一緒に外へ出し、大地の生命エネルギーを身体いっぱいに取り込むイメージでヨガをするので、身体が整うだけでなく、気持ちもとても楽になります。
出産への不安は大きいけれど、自分だったら乗り越えられる、赤ちゃんと一緒に素晴らしい出産にできると思えるようになり、ヨガをしていない時にも安定してゆったりとした気持で出産を待てるようになっています。

まだ出産予定日までヨガに続けて通いますが、毎週1名、2名と無事出産された報告を聞いて励まされます。私も、ヨガを通して安定した出産をしたいと思います。今しかないゆったりしたマタニティライフをヨガを通して楽しみたいと思います。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。