妊娠 6ヶ月〜妊娠 7ヶ月頃
通っていた産婦人科にて行いました。

マタニティヨガと出産の体験談をお聞かせ下さい。

つわりが治まり、体調が安定してきた妊娠6か月くらいからマタニティヨガに通い始めました。妊娠する前からヨガには興味があったのですが、なかなか行く機会がなく・・・この際、出産したらしばらくできないなと思い、参加してみました。

どんなことをやるのかも全くわからない状況でしたが、同じような方がたくさんいてリラックスしながら行うことができたと思います。普段広告やネットなどで目にするポーズを想像していましたが、そこまで過激なポーズをとるはずもなく・・・ゆっくりと楽な姿勢からチャレンジすることができました。

私の場合、妊娠初期からおなかが張りやすく、切迫早産との診断を受けていました。そのため、常に自宅で安静の指示が出ていたためトイレとお風呂以外の生活はほぼ寝たきりの状態となっていました。そのため、体力もなくなり少し家事をするだけでも息切れがしてしまって動けないという始末でした。

やっと体調が安定してきたころにマタニティヨガをすることにより、少しづつですが、体力を戻すことが出来たように思えます。久しぶりに体を動かすことになり、今までの気分をリフレッシュすることにもなり、とても良い気分転換になったかと思います。

マタニティヨガをしながらも、同じ妊娠週の方々ともお話をしたり、悩みをみんなで共有することができたのもよかったですね。中には、逆子の赤ちゃんのために、逆子体操としてマタニティヨガに通っているという方も数名いらっしゃいました。産婦人科でやっている教室ということで、ヨガをしながら気になっている事も聞くことが出来たし、おなかが張ったらすぐに相談することができたので、尚更良かったと思います。

一度教えてもらったら、自宅でもヨガマットを引くことでひとりでもできるので、リラックスしたい時にするようにしていました。しかし家でやるとなると、ポーズが正しいかの不安や、やり方の不安もすこしながらあったため、雑誌やDVDをみながらやるのが、本当は良かったのかなと思います。

妊娠中期には、マタニティヨガのおかげなのか、体力も戻り息切れもあまりなくなってきました。出産するには体力をつけておかなければならない、という思いが強かったため、この頃にはやっと安心したのを覚えています。妊娠後期になってからも、なんとかできるようなポーズをあいている時間にはとるようにしていました。

マタニティヨガ以外にも、散歩やスクワットなど体力づくりを行いました。生産期に入ってから、すぐに破水し病院へと向かいましたが、着いてから3時間というスピード出産ととても安産になりました。体力をつけておくこと、骨盤回りのストレッチをしていたことが、安産につながったのかなと思います。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。