妊娠 8ヶ月〜妊娠 10ヶ月頃
参考にした本・DVD・教室名:友永式マタタニティヨガ

妊娠8ヶ月から生まれるまで、友人のすすめで友永式マタニティヨガのDVDを見ながら、自宅でマタニティヨガをしていました。
もともと私は体が硬く、出産前には体を柔らかくしておいたほうがいい、体力をつけておいたほうがいいということを聞き、体に負担のないヨガをしようと思いました。

実際やってみると、体に負担がないだろうと始めたのですが、私の体があまりにも硬かったため、結構なれるまでは苦労しました。

呼吸法の種類もさまざまな種類の呼吸法があるのですが、その呼吸法をまずマスターするのが難しく、マスターするまで1ヶ月位はかかりました。でもその呼吸法をできるようになってから、心身ともにリラックスすることができて、妊娠中の不快感とかもすっきりするようになりました。

やっていくうちに体も徐々にですけど柔らかくなっていき、呼吸法もマスターできたので、それにあわせてヨガをしているとすごく体が動かしやすかったです。
出産というのは呼吸法が大事と昔から言われているように、きっと呼吸法というのは気持ちも整える効果があるんだなと思います。

妊娠中、私はマタニティブルーのような不安感に襲われたりしましたが、少しでも時間があれば、マタニティヨガをするようになり、とにかく出産しやすい体を作らないとという思いでした。でもやったことで、これで出産もうまくいくような気がしていました。

実際の出産といえば、安産ではなく、難産だったんですけど、出産の時は呼吸が乱れることもなく、ツライは辛かったんですけど、結構冷静でいられた気がします。きっとヨガをやっていなかったら、呼吸も乱れて、もっと大変だったかもしれません。助産師さんにも、呼吸法をちゃんと練習してたから、精神的にも乱れずにすんでいいお産でしたよといわれました。やはり出産というのは本当に体力勝負なので、体力作りや柔軟性を作るにしてもマタニティヨガは本当におすすめです。その時にした呼吸法やポーズなどはのちのちにもすごく役立つと思います。

ヨガを出産後も続けていれば、体にもいいですし、産後ヨガでしたら、負担もなく体の戻りが早くなった気がします。妊娠中にトラブルがあったりするとヨガをするのも厳しいかもしれませんが、トラブルもなく順調であれば、ヨガは本当におすすめです。体にとてもいいし、リラックス効果もあるので、ちょっと重い妊娠生活も体を動かすことですこし快適にすごせると思います。ぜひぜひ試してみてください。産前も産後もヨガはできるので、両方するのをおすすめします。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。