妊娠 4ヶ月〜妊娠 10ヶ月頃
場所は産院の母親学級にマタニティーヨガが組み込まれてました

私が長男を出産した時にはソフロロジーという出産方法で昔からあるヒッヒッフーという呼吸方ではなくてヨガのように深く深呼吸する方法で、

ヒーリングのCDを聞きながら赤ちゃんにも酸素を遅れるようにしていくヨガの教室でした。

ヨガでもきちんと初期、中期後期によってヨガも少しずつちがって初期~後期は必ず最初はアロマを炊いて深呼吸から始まり、背筋を伸ばしてゆっくり呼吸、どうその後は寝転んで足をクロスさせてストレッチをしたり、猫のポーズ(逆子を戻すポーズでもあります)お腹に無理をかけない程度に30分くらいゆっくりほぐしたら最後も深呼吸で終わります。

最初は始めてのヨガでこんなことして普通の出産と何か変わるのかと半信半疑で、ただやってみたほうがいいと聞いたのでなんとなく通ってました…

後期に入ってからのヨガは壁にお尻を付けて足を伸ばして上げたり下げたり、だんだん出産の準備に向けてのヨガでした、この後私は切迫早産で入院してしまったので最後までは通えなかったのですが……

いざ、陣痛が始まると自然と時計を見ながら呼吸をして意外と冷静に間隔を測ることができました、、

初産なので本陣痛になるまでは10時間くらいはかかったのですが、子宮口が全開になってからも、分娩室に移動するとヨガで流していたヒーリングのCDもかけていてくれて、助産師さんの支持にもはっきり答えられるほど、お産は順調に進みました。

母親学級の時にラマーズ法で出産した場合とソフロロジーで出産したのとDVDを見せてもらったのですが、ソフロロジー式に比べラマーズ法の「ヒッヒッフー」という呼吸法でで出来た赤ちゃんの皮膚の色とソフロロジー式の呼吸でで出来た赤ちゃんの皮膚の色が全然違いました

これはやっぱり酸素の取り入れ方が違うと赤ちゃんも赤紫色でしたが酸素を沢山送ってあげると紫色ではなく、血色のいい赤色(ピンク色にかかったような)でした。

私出産したときはまだヨガもそんなに広まっていなくて珍しいくらいでした。

長男を産んだあと、次男、三男を出産しましたが、やはり初めにヨガを習ってたおかげなのか、下2人の陣痛の時も自分でモニターをみながら陣痛に合わせて呼吸もでき、場を取り乱すこと無く、3人とも時間もそれほど、長くかかることもなく、安産でスクスク育ちました。

これからマタニティーヨガを受けようか迷ってる方がいたら、同じ月齢のママさんとも交流できる場でもあるので、是非、是非勧めたいです

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

マタニティヨガは安定期に入る妊娠5ヶ月頃から始められますが、同時に妊娠線予防ケアもはじめることが大切です。

妊娠線予防クリームはたくさん市販されていますが、実際には効果がないものや、合成添加物が多く有害なものもあります。

高品質な良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。



実際に成分・品質・コスパなどを比較して、本当に良い人気のクリームを調べましたので参考になさってくださいね。

妊娠線クリーム比較表




妊婦に人気の妊娠線クリームランキング

1位:ベルタマザークリーム


ベルタマザークリームは、妊娠線クリームの中で最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつきにくく、伸びがよく、かつ5種類のオーガニック素材で作られているので、肌に優しいことも人気の理由です。



2位:すでにできた妊娠線に効果があるNOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできてしまった妊娠線や肉割れを消す効果がある唯一のクリームです。

すでに妊娠線がある方はこちらを使うのがベストです。です。




3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム


女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質でありながら、1本2800円と業界で最も値段が安くてコスパが高いのが特徴です。







何を選んでいいかわからない・・という方へ

妊娠線を絶対作りたくない場合は

ベルタマザークリームがおすすめです。